FC2ブログ
見どころいっぱいの油津!
 油津は飫肥と並んで、観光資源が数多くあります。
 3月15日(日)、日南ウォーキングクラブ主催の第15回定例ウォーキング大会『堀川運河・梅ヶ浜海岸コース』に参加し、油津の見どころを尋ねてみました。

油津西町のマリンロッジの駐車場を午前9時半に出発し、堀川沿いに歩きました。
IMG_0242.jpg

 最初に飫肥の石工石井文吉が4年をかけ築いた堀川橋(乙姫橋)を通過
IMG_0245.jpg

 上町通りを経て文化庁登録文化財の赤レンガ館へ。
IMG_0247.jpg

 続いてすぐ側にある杉村金物本店、平成2年に「宮崎県建築百選」に選ばれています。 
IMG_0249.jpg

 東寺下通りから油津港東岸壁、臨港道路を経て祇園神社を参拝しました。洞窟の中には竜神様が祭ってあります。
IMG_0256.jpg

 国道220号線春日町を通って津の峯(別名イノトコセ)に登りました。
IMG_0261.jpg

 頂上からの眺めは素晴らしいもので、眼下の景色に全員が感嘆の声をあげていました。(東側の風田浜方面)
IMG_0265.jpg

 (北側の吾田方面)
IMG_0260.jpg

 約9キロの短いコースでしたが、全員が完歩を終えたのは12時過でした。
 しかし、春の日ざしを浴びながらの油津路散策に参加された皆さんは大満足のようでした。
IMG_0239.jpg

 油津地区は、城下町飫肥と違った港油津の顔や豊かな自然もありますが、一方で飫肥藩と関わりのある古い歴史と文化的資源もあちこちに散在しているのに驚きました。
 また、今回の油津散策は、誰もが良く知っているポイントを巡るコースでしたが、まだまだ隠れた資源が豊富に眠っているような気がします。
 今飫肥には1日に約1000人の観光客が訪れます。 しかし、この日私達が歩いた油津のコースでは観光客の皆さんをほとんど見かけませんでした。
 現在堀川運河も計画的に整備されており、東町の狭い通りの舗装も始まっています。これから着々と油津の町並の整備等が進められると思いますが、効率と機能を求めた整備でなく、出来れば油津の昔の史実に基づいた町並づくりに重心を置いて欲しいものです。
 このためにも、これらの貴重な資源等の活用策が、市や県の行政主導で企画されるのでなく、地元のまちづくりに取り組む皆さんの積極的な姿勢と熱意により国をはじめ行政等を動かして欲しいと思います。
 そして、そのことが地区の皆さんにとって将来を見据えた納得できるまちづくり計画であるとともに、これから訪れる市内外の観光客の皆さんにとっても魅力のある町並と思えるように整備されることを期待します。
 そうするこによって、いよいよ飫肥・油津そして南郷・北郷と連動した県南観光地づくりが確実に進展するものと確信します。
スポンサーサイト



Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .