FC2ブログ
摘み草料理!
 楽しみにしていた『摘み草の宿「こまつ」』の夕食です。
 IMG_7525.jpg IMG_7546.jpg

 ここのおもてなしの料理は、『季節を五感で感じる』ために、土の薫りを存分に感じる、摘み草を上品に大胆に季節ごとにあつらえることだそうです。
 まずは、食前酒「梅酒」とミニトマト、鶏肉、銀杏、などの前菜、と牧園産の「白和え」「野菜の酢味噌」「自然薯」などが用意されました。
IMG_7505.jpg
 次に「お吸い物」と鹿児島県産の「地鶏のたたき」
 IMG_7507.jpg IMG_7509.jpg

 そして、霧島天降川産「鮎の塩焼き」と「ゆずのかるかん蒸し」
 IMG_7511.jpg IMG_7512.jpg

 続いて、鹿児島産「黒毛和牛のヒレステーキ」と「黒豚のしゃぶしゃぶ」
 IMG_7514.jpg IMG_7515.jpg 

 さらに、「カブのからし味噌」と「おにぎり、吸い物」など
 IMG_7516.jpg IMG_7523.jpg

 そして、さいごのフルーツ「柿、完熟みかん」でした。焼酎は地元の芋焼酎「さとう」を頂きました。
 IMG_7524.jpg IMG_7506.jpg
 
 そして翌朝、食卓に上がった地元の摘み草の朝食です。
IMG_7540.jpg
 
 宿で見かけたちょっとした心温まる置物や飾りものです。
 先ずは、自然の石に描かれた『子猫』、とってもかわいい置物でした。
 IMG_7547.jpg IMG_7494.jpg
 暖炉や窓の置物など・・・・・・・あちこちに心遣いが感じられます。
 IMG_7548.jpg IMG_7537.jpg

 ここの料理おもてなしの心は、『秋に松茸、春は摘み草、夏の鮎、冬のぼたん鍋』、家庭的な雰囲気をおもてなしの心と共に用意することだそうです。
 「四季折々の山菜を宿の主が腕をふるってお待ちしてます」とのことでした。

 とっても癒された宿で、またぜひ泊まってみたい宿です!・・・・お金と時間があればですが・・・・。
IMG_7463_convert_20091123214801.jpg
 今回泊まって味わった料理だけでなく、『おもてなしの心』や『心づかい』をいたるところで感じ取ることができました。我々もまだまだと痛感し、見習うことも多々ありました。
 『摘み草の宿「こまつ」』の皆さん、お世話になりました
スポンサーサイト



Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .