FC2ブログ
『小村寿太郎侯』を尋ねて
 東京や神奈川などの『小村寿太郎侯』の所縁の地を訪ねました。
IMG_0697.jpg
 相模湾上空では、寿太郎侯も眺めた富士山が出迎えです。

 先ずは、『寿太郎侯』がなくなるまで過ごした、葉山の終焉の地に向かいます。
 品川駅からJRで逗子駅で下車します。
IMG_0982_convert_20100123205744.jpg
 そこからバスで葉山に向かいます。
 IMG_0841_convert_20100123211504.jpg IMG_0968_convert_20100123211415.jpg

 葉山にある県立近代美術館から山手を眺めた付近が、どうも目的の『寿太郎侯』終焉の場所のようですが、地元の方に聞いても場所が中々確定できませんでした。
IMG_0975.jpg
 しかし、事前に地元MPOの方に頂いていたマップを基に、ようやく石碑を見つけることができました。それは、松の庭木の後方にひっそりと建っていました。
IMG_0859.jpg
 晩年を過ごした家は、この石碑のある家でなく、さらに奥に20mくらい入ったところのようです。
 IMG_0877.jpg IMG_0880.jpg

 大きな蘇鉄が植えてある家が、左手奥の方にありましたが、恐らくここが目的の場所だと思われます。
IMG_0862.jpg
 ここの場所には、3軒ほどの家屋がありましたが、どの家も住んでいる形跡が無く、空き家になっているものと思われます。
IMG_0868.jpg
 家屋は当時のものでないようです。 『寿太郎侯』が眺め、病を癒した灯篭や庭の跡が残っているようです。庭にはツワブキなどもあちこち育っていて、日南地方で見かけられるような庭の感じがしました。
 IMG_0882.jpg IMG_0869.jpg
 何となく寂しい想いをしながら、次に『寿太郎侯』が散歩したと思われる葉山の一色海岸に行ってみました。
IMG_0941.jpg
 海岸からは、相模湾の向うに雪を被った富士山がうっすらと見えました。
IMG_0924_convert_20100123210358.jpg
 さらに海岸に降りて行来ました。葉山御用邸の外にあるこの辺りが、皇族の皆さんが散歩される海岸だそうです。
IMG_0936.jpg
IMG_0927.jpg
 当時は政財界や皇族の超高級別荘地のあった葉山周辺は、葉山を散策して見ると、今は空き家と高齢者が目につき、当時の面影は無くなりつつあるように見えました。
 来2011年11月26日は、『小村寿太郎候』没100年です。
 故郷飫肥から遠く離れたこの地で『寿太郎侯』はどんな気持ちで、晩年を過ごしたのか思いを馳せました。
 次は、『寿太郎侯』が眠っている青山墓地です。
スポンサーサイト



Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .