FC2ブログ
飫肥城の日々
飫肥城の魅力を発信
蟻撃退作戦!
 『飫肥城松尾の丸』は、江戸時代初期の書院造の御殿を時代考証の上、昭和54年に再現した建物です。
IMG_584711.jpg
 近年、この貴重な建物の防腐剤等の耐用年数が切れて、外回りのあちこちが痛み始めています 
IMG_5817.jpg
 特に下回りの外壁や柱などは、水腐れが目立ち始めそこに黒蟻が侵入しているようです。
IMG_5826.jpg
 そこで、専門の業者にお願いして蟻などの退治をしていただきました。
 IMG_5823.jpg IMG_5824.jpg
 なお蟻が多く見られる個所には、水飴のような薬剤を蟻の通るところに置いてもらいました。
IMG_5843.jpg
 すると、あっと言う間に蟻が集まってきて、この水飴のような薬を食べ始めたようです。
IMG_5834.jpg IMG_5841.jpg
 これが黒アリ必殺の武器です。
 IMG_5837.jpg IMG_5836.jpg
 専門業者の方に話を聞くと、この撃退剤は、無色透明で飴状のベイト剤とのことです。
 蟻の通り道・隙間・巣の入り口などにスポット配置し、蟻にそのスポットを食べさせます。
 満腹になった蟻が巣に持ち帰えることにより、巣の中の蟻を撃退する作戦です。
 数日に亘って徐々に殺傷し続け、敵の能力にもよるがその後数週間で壊滅することができるそうです。
 なお、この毒入り飴はアリが食べつくさない限り、食味が落ちず柔らかいまま約3ヶ月は騙し続けることができるようです。
 しかし、カビが生えたり雨で流されたりしたら再設置が必要とのことでした。
 いずれにしても、『松尾の丸』に限らず、飫肥城の由緒施設のほとんどの防水剤等の効果がなくなり、至る所で貴重な市の文化財が朽ち果て始めています。このような小手先の対策や修理でなく施設全体的に建物の保全を図るための早急な対策が求められます。
 このため、市もこのように急を要する対策には、優先的に思い切った予算措置等を講じて頂くよう改めてお願いしたい。
スポンサーサイト



Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .