FC2ブログ
飫肥城への道しるべ!
 この花は?
IMG_58651.jpg
 これは花でなく『シマトネリコ』という木の実なんです。花は5月頃に白い小さな花を無数に下の写真のように咲かせます。
tre267fl.jpg
 日南市の中心を横切っている国道222号線には、この『シマトネリコ』の木が街路樹として植えてあります。
IMG_58601.jpg
 実は、この『シマトネリコ』の木をたどって行くと飫肥に行けます。
IMG_58631.jpg
 油津~飫肥の国道222号線の両サイドに延々と植栽されてます。
 IMG_58541.jpg IMG_58571.jpg
 飫肥城の観光駐車場には、樹齢40年以上もの『シマトネリコ』の木が迎えてくれます。
IMG_5882.jpg
 雌雄異株の植物で、モクセイ科の観葉植物なので、独特のよい匂いがあります。
 simatn7f11.jpg IMG_58661.jpg
 この木は、タイワンシオジとも呼ばれるそうです。 琉球諸島から台湾、東南アジア、インドなどの亜熱帯地域に自生していますが、自然では高さ数メートル以上にもなり、初夏のころ、枝先に花冠が4列した小さな白い花をつけ、ときには樹姿の上部が白く見えるほどになります。
 またこの『シマトネリコ』の木は、野球のバットの材料になるという人がいますが、実はこれは間違いです。
 バットの材料となる木は、『トネリコ』という木で、アメリカでは、「アッシュ」と言われているようです。
 アメリカ・メジャーリ-ガ-もアッシュのバットを良く利用しているようです。 

 ところで、この『シマトネリコ』の木を国道222号に植栽されたのは、今から30年くらい前だと思います。
 当時の日南土木事務所長さんが、この道路には特徴のあるユニークな木を植えよう・・・・ということで、当時には珍しかった『シマトネリコ』の木を植栽しされたようです。
 そして、当時飫肥城下町が九州で最初に『伝建地区』に選定され、同時に始った『飫肥城復元事業』に呼応するように植えれば、飫肥城に行く道しるべにもなるのではないか・・・・という想いもあったようです。 
スポンサーサイト



Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .