FC2ブログ
危うし槇の木!
 飫肥藩の藩校『振徳堂』、正面の長屋門から入ると飫肥藩の武士の若者が文武両道を鍛えた建物の面影が残っています。主屋やを右に行くと当時の古い井戸が残されています。 
 IMG_9574.jpg IMG_9583.jpg
 その井戸の奥、主屋の東側に見事な枝ぶりの槇の木(イヌマキ)があります。
 この槇の木は、推定200年位の樹齢と思われます。『振徳堂』で学んだ小村寿太郎侯も、恐らくこの木を眺めていたに違いありません。
IMG_0001_1.jpg
 しかし、良く見ると木に樹勢がなく、元気がなくなっています。 イヌマキは常緑樹のため、変わるはずのない緑色の葉も一部で茶色に変色しているようです。
 IMG_9581.jpg IMG_9997 (2)
 早速、樹木医に相談して、症状等を見ていただくことになっていますが大変心配です。
 樹医師さんの診断結果も大変深刻な状態になっているとのことでした。人間に例えれば危篤状態だそうです。
『危うし槇の木! 頑張れイヌマキ!』
スポンサーサイト



Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .