FC2ブログ
草も元気!
 庭が見事な『豫章館』
IMG_2770_20110315155054.jpg
 春になり、暖かさが増すとともに雑草が庭を覆ってきます。
 IMG_274711.jpg IMG_2764_20110315155047.jpg
 そこで、市観光協会から、灰の除去と雑草除去などの応援をいただきました。
 IMG_2747.jpg IMG_2748_20110315152212.jpg
 庭は丁寧に雑草除去をしていただき、すっかりきれいになりました。
IMG_2743_20110315152130.jpg

『豫章館』は、伊東家の家臣伊東主水(もんど)(御三家)の屋敷だったところです。
 明治2年に版籍奉還が行われ、飫肥第14代藩主伊東祐帰(すけより)が飫肥藩知事に任命されて城内より移り住みました。
 また『豫章館』の名前の以来ついては、祐帰の父祐相が庭の北側にあった樹齢数百年という楠の木(予章木)に因んで名付けたとのことです。

 南側の面は武学流の作庭といわれる庭園で、広い空間に庭石や石灯篭、庭木などが巧みに配置され、閑静な佇まいの枯山水式庭園です。その規模と手入れの良さでは九州でも有数といわれます。
 庭の大部分を占める広い平坦な部分は、大海を表しているもので、イベント時には泰平踊やお茶会などが開催されます。 
 私どもも豫章館の庭園については、市民の自慢の庭園として、四季を通じ特にきれいに管理しています。
スポンサーサイト



Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .