FC2ブログ
これで安心!
 豫章館の玄関前で皆さんをお迎えする紅梅です。今年2月初旬には真っ赤花を咲かせ、入館するお客さんの目を楽しませてくれました。
IMG_1608_20110414172117.jpg
 ところが、木を支えている支柱が古くなって、紅梅の枝木を支えられなくなってきました。
IMG_1275.jpg
 そこで地元園芸業者にお願いし、しっかりして支柱で木を支えることにしました。
 IMG_1271.jpg IMG_1272.jpg
 今の時期は、盛んに水を吸い上げていて、樹皮が剥げ易いとのことで、木と接する部分には、椰子の皮でつくられたという特殊な布のようなものを当てて守ります。
IMG_1269.jpg
 どうです! しっかりとした支柱で支えられてもう大丈夫です。思いきっリ伸びて欲しいですね。
 豫章館は、伊東家の家臣伊東主水(もんど)(御三家)の屋敷でしたが、明治2年の版籍奉還の時、飫肥第14代藩主伊東祐帰(すけより)が、飫肥藩知事に任命されて飫肥城本丸からこの場所に移り住みました。 ここの庭園は、規模と手入れの良さでは九州でも有数のものといわれてます。
 そこで、保存会としてもここの庭木の手入れ等には、特に手を入れて管理しています。
 ところが、庭全体の表土の流失が著しく、庭木の樹勢も衰えてきています。 予算措置を含めて市には、早急な対応を再三お願いしてるところです。
スポンサーサイト



Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .