FC2ブログ
パレード 三部「泰平踊」
 飫肥城下まつりのメインパレードの 三部「泰平踊」の皆さんがやって来ました。
IMG_9208.jpg
 先頭には、お囃子を乗せた台車が先導し、その後に侍と奴が続きます。
 IMG_9214.jpg IMG_9210_20111019120928.jpg
 最初に踊るのは「今町保存会」の皆さんです。
IMG_9230_20111019122411.jpg
 「今町保存会」は別名「鶴組」と呼ばれ、腰を高く優雅にそして凛々しく踊るのが特徴です。
 IMG_9224_20111019122359.jpg IMG_9226_20111019122405.jpg
 続いて、飫肥地区にある日南幼稚園と飫肥保育園のちびっこによる泰平踊。
IMG_9250.jpg
 日南幼稚園の年長組のこどもたちは、34年前の第一回「飫肥城下まつり」からパレードに参加しているそうです。また、飫肥保育園は今年から着物を新着しての参加です。ちびっこ達は、とっても可愛くて元気よく踊れました。
 IMG_9252.jpg IMG_9254.jpg
 続いて踊るのが、「飫肥泰平踊かめの子会」の皆さんです。
IMG_9268_20111019135312.jpg
 「かめの子会」は、飫肥小学校を卒業した中学生や高校生などの皆さんなどで編成されています。いろんなイベントなどにも協力し、ボランティアで参加しています。今回のパレ―ドでも大人が顔負けするような、息の合った踊を披露してくれました。
 IMG_92691.jpg IMG_92701.jpg
 その後には、飫肥小学校の6年生のこども達が、校長先生と一緒に続きます。
IMG_92721.jpg
 そして最後の奴の皆さんは、吾田東小学校の6年生です。
IMG_92761.jpg
 このこども達は、毎年「本町保存会」の指導を受けて泰平踊を伝承しています。
IMG_9280.jpg
 ところで、「泰平踊」は江戸時代から伝わる郷土舞踊で、初めは町方で踊られていた盆踊りです。長年続いていた島津藩との境界問題などが和解し、泰平の時代が訪れ宝永四年(1707)、武士も一緒に踊れることが許されたものです。盆踊りに武芸十八般が取り入れられ、更に上方の歌舞伎の格好が加わったものと伝えられています。踊り手は元禄風の武士姿と奴姿で、県の無形民俗文化財に指定されています。

 現在は本町保存会(亀組)と今町保存会(鶴組)とによって継承されています。踊の歌詞も振付も異なりますが、本町組は腰を低く力強く踊ります。一方今町組の方は、腰を高く優雅に踊ります。飫肥城下まつりのパレードには本町組と今町組が一年置きに交互に参加します。ただし前日の前夜祭では、パレードに参加しない一方の保存会が、大手門前で踊ります。
 次は、まつりパレ―ドの最後第四部「郷土芸能」などの様子をアップします。

スポンサーサイト



Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .