FC2ブログ
外国語でおもてなし!
 最近、国外からお見えになるお客さんも多くなって来ました。そこで(財)飫肥城下町保存会では、外国からのお客さんをしっかりお迎えするための様々な取組みをしています。
 その一環として、韓国語の講習会を行いました。
DSC04551.jpg
 講師は、現在市内のホテルにお勤めの韓国人李さんです。韓国語の特徴や仕組みなど分かりやすく講義をしていただきました。李先生の熱の入った指導と職員の真剣な受講で、おもてなしに必要な簡単な挨拶はできるようになりました。
 DSC04555.jpg DSC04554.jpg
 早速、とっさの時でも対応できるように、朝のミーティングでは、「こんにちは」「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」「またおいでください」「さようなら」などの基本的な挨拶を、全員で復唱することにしました。

 また、由緒施設の案内板などの外国語併記について、行政や観光協会とも連携して着々と進めています。
 IMG_7867.jpg IMG_7864_20120329153338.jpg

 こちらは、最近人気が出てきた「しあわせ杉」の案内板。
 IMG_7842.jpg IMG_7839_20120329153346.jpg

 現在、九州地域には、外国から約100万人もの観光客がお見えになっているそうですが、今後250万人を目指しているとのこと。その内の60%が韓国からの入込だそうです。最近は台湾、中国の客も多くなっているとのことで、「アジアインバウンド時代」が到来したといえます。
IMG_7884.jpg
 しかし訪日外国人から求められる課題の1位は、言葉の障害だそうです。このため、お迎えする側として最低必要な外国語習得をはじめ外国人案内パンフやマップの整備、施設や案内などの多言語対応などは、早急な対応が求められています。
スポンサーサイト



Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .