FC2ブログ
「屋根の日」
 8月8日は、日本記念協会により「屋根の日」として認定されています。
 IMG_3341_20120809101118.jpg IMG_3331_20120809101110.jpg
 その記念イベントとして、県屋根工事組合連合会の皆さんがボランティアで飫肥の由緒施設等の屋根診断をされました。
IMG_3323.jpg
 ここ「豫章館」は、飫肥城下町で最も格式の高い武家屋敷ですが、最近ではあちこちで雨漏りが見つかりその都度応急的な処置で対応しています。そこで今回「瓦屋根診断技師」が屋根診断をして、劣化し割れている瓦などを見つけその場で補修して頂きました。
 IMG_3324_20120809102207.jpg IMG_3315_20120809102155.jpg
 その後「松尾の丸」も診断していただきました。
 IMG_3355_20120809104456.jpg IMG_3395_20120809104433.jpg
 「松尾の丸」は、殿さまの住まいを再現したものですが、部屋数も多く屋根も複雑です。
 IMG_4295_20120623175510[1] IMG_4396_20120809111922.jpg
 このため屋根の谷間の部分に落葉や枯枝などが溜まり、それが雨漏りの原因になっているのではないかということで、谷間の部分にたまった落葉などを除去していただきました。
IMG_3382_20120809112720.jpg
 今回の「屋根の日」イベントに参加された「宮崎県屋根工事組合連合会」の皆さんです。
IMG_3347_20120809113633.jpg
 皆さんは、毎年8月8日の「屋根の日」に宮崎県内の文化として重要な史跡や施設などの屋根瓦を専門の瓦屋根診断師が診断し、保全を行うためボランティア活動を行っています。
 市の委託で飫肥城由緒施設の維持管理を行っている飫肥城下町保存会としては、年々傷みヶ所が増えているこれらの施設保全について頭を痛めているところです。
 このため、今回のような専門診断技師による屋根のチェックは大変助かります。今回の診断結果を受けて、今後市とも連携して対応しなければと考えています。
 また、今回診ていただけなかった「旧高橋源次郎家」や「伊東伝左衛門家」などについても、次回お願いできればと思っています。
 「宮崎県屋根工事組合連合会」の皆さん、暑い中でのボランティア活動大変ありがとうございました。
 
 
スポンサーサイト



Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .