FC2ブログ
新一年生
 本日、飫肥小学校の入学式が行われました。
 IMG_6281.jpg IMG_6235_20130410133340.jpg
IMG_6268.jpg
 新一年生が、緊張した雰囲気の中、在校生に迎えられ式場の前列の方に入場して来ました。
 IMG_6250_20130410134142.jpg IMG_6246.jpg
 そして担任の先生の紹介。
IMG_6253_20130410142309.jpg
 校長先生のお話の後、教育委員会とPTA会長さんのお祝いの挨拶。皆さんからは「自分でできることは自分で」「お友達と仲良く」「交通安全に気をつける」「小村寿太郎侯を目指して欲しい」などのことば。
 IMG_6256_20130410142521.jpg IMG_6261_20130410142529.jpg
 長い挨拶が続きこともたちの緊張も途切れつつありましたが、6年生が、寸劇で小学校生活の楽しさを演じてくれると、新入生も目を輝かせて見ていました。
IMG_6265.jpg 
 今年の新一年生は57名で昨年より14名も多く、全校で305名になります。
 飫肥城内にある飫肥小学校は、飫肥藩主11代の伊東祐民が、「学問所」を開校したのがそもそもの始まりです。13代伊東祐相が天保2年(1831)に改築し「振徳堂」と名付け、藩校としました。そして明治維新を経て明治6年(1873)に「飫肥小学校」として認可されました。その後「飫肥高等小学校」や「飫肥尋常高等小学校」「飫肥女子尋常高等小学校」、「飫肥国民学校」と変遷し、昭和22年(1947)に現在の「飫肥小学校」となりました。
 明治6年の第1回入学から数えて今年は140回目の入学式を迎えることになります。明治6年といえば小村寿太郎侯(17歳)は東京開成学校(後の東京大学)に在学していたころです。

 この伝統と歴史のある小学校に入学した子どもたちの中から、将来寿太郎侯に続くような人材が育って欲しい。そのような環境づくりを私たち大人が、地域を挙げてつくり上げることも夢があって良いですね。  また、飫肥小学校の子どもたちは、飫肥にお見えになる観光客などの皆さんに会うと挨拶をします。このようなことが、「おもてなしの飫肥城下町」と以前から呼ばれるている由縁です。
 私たち保存会職員も、地域の皆さんや学校の先生方と連携し、子どもたちの成長を見守り育てて行きたいものです。
 校長先生と教頭先生も4月定期異動で飫肥小学校にお見えになりましたが、どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



04/09のツイートまとめ
obijyoAyumi

スパラキシスという花です。小村記念館の庭のあちらこちらに咲いているよ。とってもきれいな花です。 http://t.co/b04Ss2niqp
04-09 14:23

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .