FC2ブログ
夏休み終了
 夏休みも終わる8月最後の日曜日。
IMG_1074_2014083115500847d.jpg
 飫肥の城下町は、家族連れの観光客でにぎわいました。 
IMG_7362_201408311558313ed.jpg
 「あゆみちゃんマップ」を手に、町あるきをされるご家族。
 IMG_7341.jpg IMG_7378_20140831155248b5f.jpg
 若者のグループも多く見かけました。
 IMG_7415.jpg IMG_7412_2014083115542828a.jpg
 夏休みの思い出に四半的に挑戦される親子。
IMG_7389_20140831160714013.jpg
 JR利用者や海幸山幸号とリンクする「にちなん号」の乗客も多いようです。
 8月は、台風が接近するなど雨天の日が多く、観光客も昨年からすると落ち込みました。その中で増加傾向にあるのは、台湾からのお客さんです。これからも国外からのお客さんは増えると思われます。そのような状況の変化にしっかり対応するため、関係機関や団体とも更に連携した取り組みをして参ります。
 さて、今日から二学期がスタート、城内にある飫肥小学校から子供たちの元気な声が聞こえています。
スポンサーサイト



ギボウシの株から黄色い花!
 小村記念館横で、大きな葉の株に咲いている鮮やかな黄色の花! お客さんも「彼岸花にしてはちょっと違う」と不思議そうに眺めています。
 IMG_8052_20140930130225846.jpg IMG_8088.jpg
 実はギボウシの株の間に植えられていたものが、伸びてきて花を咲かせているのです。
 よく黄色の彼岸花と言われますが、厳密には彼岸花ではないとのこと。
 正確には、「鍾馗水仙(しょうきずいせん )」と言うそうです。
IMG_8051.jpg
 物の本によると、「鍾馗」は主に中国の民間伝承に伝わる道教系の神。日本では、疱瘡除けや学業成就に効があるとされ、端午の節句に絵や人形を奉納します。また、鍾馗の図像は魔よけの効験があるとされ、必ず長い髭を蓄え、中国の官人の衣装を着て剣を持ち、大きな眼で何かを睨みつけている姿に描かれています。
 この花が 「鍾馗水仙」と呼ばれるのは、花弁が波打っている様子を鐘馗のヒゲに例えたということに由来するそうです。
 縁起の良い花なのです!
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .