スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『飫肥つむぐ展』
 「飫肥つむぐ展」が、昨年に引き続き11月1日(土)~2日(日)の2日間開催されます。
 IMG_4982_20141028115108aa3.jpg IMG_4983_2014102811511646c.jpg
 今年のテーマは「衣」だそうです。
    ・IMG_9420_20141028115039e92.jpg
 県内外の作家さん7人が、手づくりの洋服、バック、財布、傘などを展示します。
    ・IMG_9423_20141028115025c75.jpg
 展示場となる「小村寿太郎侯生家」の近の「オビダラリー」でも、連携してミニワークショップを企画中です。
IMG_9417.jpg IMG_9418_20141028124343c22.jpg
 主催者で開催に向け取り組り組まれている倉永さんによると、「飫肥つむぐと展」のコンセプトは、『飫肥城下町から、手から手へ・・・人から人へと手仕事の魅力×飫肥の魅力がつたわり、ヒト・モノ・コトがつむぐように、いつかあらたなひとつのカタチになるように』だそうです。
IMG_9404_20141028125913f52.jpg IMG_4991.jpg
 この催しには「市教育委員会」と「宮崎日日新聞社」が後援し、私ども「飫肥城下町保存会」も応援しています。
 多くの皆さんのご来場をお待ちしています。
 なお、お問い合わせ先は、【080-5603-5538(倉永)】です。
スポンサーサイト
横馬場通りの景観がよくなる!
 飫肥藩の上級武士の屋敷が並んでいた横馬場通り。
IMG_6152_2014102715402726d.jpg
 大手門からその通りを行くと、最初に目に留まる風情を損なっていた鉄筋コンクリートの建物。
IMG_7533_201410271545415f6.jpgIMG_9406_20141027154558396.jpg
その建物が、地権者によって撤去されました。
IMG_7531_20141027160730626.jpgIMG_8711.jpg
 鉄筋コンクリートの建物だけでなく、塀も撤去され更地になっています。
 所有者にお話を聞くと、江戸時代にこの通り主流であった垣根に整備するとのこと。
IMG_1767_20141028114618855.jpg
 この通りは電柱が見えないように工夫してあり、さらに通りの景観が向上すること間違いなしです。

鯉遊泳が復活!
 鯉の遊泳が途絶えた飫肥城下町の水路に、再び鯉が泳ぐようになるようです。
      ・IMG_1159.jpg
 このことが先日の宮日新聞で報道され、再開は厳しいと思われていたので、地域の皆さんをはじめ私どもも大変喜んでいます。
      ・IMG_9386_20141027111222c5f.jpg
 鯉の遊泳は、飫肥を訪れる観光客だけでなく飫肥地域の皆さんなどからの要望が高く、再開が望まれていました。
 IMG_0430_201410271119378dd.jpg IMG_6206_20141027113930ba8.jpg
 電線地中化工事の終わる来春にも蘇るようです。 鯉ヘルペスの発生で、水路の鯉が全て姿を消し、寂しい思いをしている多くの皆さんが、楽しみに待っています。
 鯉の再開に向け、ご尽力頂いている﨑田市長をはじめ関係者の皆さんに心から感謝申し上げます。
 日南市の姉妹都市である那覇の沖縄の伝統芸能エイサーを舞った四団体がを紹介します。
 IMG_1510_20141025115950d28.jpg IMG_1482_20141025115928189.jpg
 市外から参加の高崎麓エイサー隊「風車」と琉球国まつり太鼓の皆さん。そして市内からは・・・・・
 IMG_1423_201410251212549d4.jpg IMG_9326.jpg
 年々腕を上げている潮わらばー会と桜エイサー太鼓の皆さんです。
 次に獅子舞には飫肥地区の三神社が参加。
IMG_1403.jpg
 最初に弥五郎さんを従えている田ノ上八幡神社獅子舞保存会。
 IMG_1410_20141025122745ede.jpg IMG_1420_20141025122643e48.jpg
 そして愛宕神社と岩崎稲荷神社の獅子舞保存会の皆さんです。次は、今回初めて参加していただいた皆さんです。
 IMG_1517_20141025123116fe2.jpg IMG_9338_20141025123214d31.jpg
 日南市のもう1つの姉妹都市「犬山市」からお見えの「夢っ娘」の皆さん、そして県内観光を勝手に応援していただいてる「おばばーズ」の皆さん。この日は代表四名が参加して得意のエアー三味線の音色!!!を奏でていただきました。
 まだご紹介できない多くの団隊やグループ皆さんがまつりパレードを盛り上げていただきました。
IMG_1335_2014102514255836a.jpg
 二日間で五万人がまつり見学にお見えになったとのこと。まつりに関わっていただいた市観光協会や行政の皆さんをはじめ、市内数多くの団体の皆さん大変お疲れ様でした。お陰で今年のまつりは例年以上に盛り上がったと思います。
市中パレードで目に留まった!
 市中パレードで、目に留まったものを紹介します。沿道のちびっ子達が一斉に駆け寄ってきたのは、「むっしゅみの吉」さんの風船のようなシャボン玉!
IMG_1367_201410231006006ef.jpg
 「宮崎ひょっとこ民話会」の踊りでは、プラカードを持っていたボーイスカウトの少年が、最も上手に踊っていたように思ったのは私だけでしょうか。
 IMG_1497.jpg IMG_9333.jpg
 また大人の踊り手さんも、沿道からの記念撮影の依頼に快く応じていただきました。さらに、大人も顔負けの踊りといえば、このちびっ子踊り手たち。
 IMG_9224_20141023100752e3a.jpg IMG_9319_20141023100805371.jpg
 地元の浄念寺学園のマーチング隊の園児や藤間流念樹会藤音会の子ども達。
 ところで、この巨大な方は・・・・・・・
 IMG_9160.jpg IMG_8925.jpg
 弥五郎さんです。二体の弥五郎さんがいて、こちらがパレード。もう一体は城内でお客さんを迎えています。
 IMG_9041_20141023100620d3e.jpg IMG_9165_20141023115026090.jpg
 サイドにアンパンマンを乗せて走り抜けていった大型自動二輪車、縁起のよい子ども獅子に頭をかんでもらっている大人など和やかな一幕もありました。
市中パレード(泰平踊)
 飫肥城下まつり市中パレードで、飫肥城下町の特徴がでるメインパレードが、「泰平踊」です。
IMG_9129_20141020181407099.jpg
 今年の市中パレードは、本町組保存会(亀組)。一年毎に今町組(鶴組)と交互に踊ります。今町組は、前日の早馬の後に大手門前で披露しています。
 IMG_9106_2014102018182065b.jpg IMG_9142_20141020181927251.jpg
 次は、「かめの子会」の皆さん。
IMG_1392_20141020182152831.jpg
 かめの子会は、中学生や高校生、大学生によって構成されています。中には女性も参加しています。
 IMG_1399.jpg IMG_9151_20141020182719aa1.jpg
 続いて、地元「飫肥保育園」と「日南幼稚園」のちびっこたち。
IMG_1438_20141020183709733.jpg
 先生の指導の成果が出て、とっても可愛い泰平踊。後には奴も続きます。
 IMG_9237.jpg IMG_1440_20141020184510af7.jpg
 泰平踊の最後は、飫肥小学校と吾田東小学校の6年生。
IMG_9276_2014102019053997d.jpg
 飫肥小学校の後方には、吾田東小学校の奴が力強く踊っています。
 IMG_1467_20141020191458ec3.jpg IMG_9239_2014102019071745a.jpg
 泰平踊は侍踊りと奴踊りがあり、両者が一体となって泰平踊が引き立ちます。
 暑い中でしたが、ちびっこ達から大人までしっかり披露していただきありがとうございました。 
飫肥城下まつり(ミスお姫様)
 市内九地区から選ばれた注目のミスお姫様のパレード。人力車に乗り、沿道の観客に笑顔で応えています。

IMG_1349_201410201700031ac.jpg IMG_1340_201410201714057d8.jpg
 最初のミスお姫様は東郷地区代表、続いて細田地区代表。
IMG_1341_20141020162943ea7.jpg IMG_1336.jpg
 続いて鵜戸地区と酒谷地区代表。
IMG_1338_2014102016354547e.jpg IMG_1341_20141020162943ea7.jpg
 北郷地区、南郷地区代表。
IMG_1344.jpg IMG_1346_2014102016300694d.jpg
 続いて地元飫肥地区、吾田地区代表と続きます。
IMG_1353_20141020163017a64.jpg IMG_1359_201410201630273e4.jpg
 最後は、油津地区代表です。
IMG_1361_20141020164519251.jpg IMG_9088.jpg
 こうして九地区の代表が、沿道からの熱い視線を受け、通り過ぎていきました。
 次は、まつりのメインとなる泰平踊をアップします。
 第37回飫肥城下まつりの市中パレードは、好天に恵まれて12時からスタートしました。

IMG_9276_20141020134501d6b.jpg 
 パレード第1部は、各市内の団体やグループから成る飫肥ロマン隊による総踊りでスタートしました。先陣を切ったのは日南市役所職員厚生会の皆さん。
 IMG_1286_20141020133719246.jpg IMG_1292.jpg
 続いて、第2部は大型自動二輪愛好会の皆さんが先導します。
IMG_1294_201410201400475d8.jpg
 横断幕の後に「にちなんぢゃ様」と「あゆみちゃん」がやってきました。まつり役員や犬山市・那覇市からの来賓の皆さんなどが続きます。﨑田日南市長は小村寿太郎侯に扮して登場。
 IMG_1301_20141020141431f05.jpg IMG_9054_20141020135704edc.jpg
 このパレードには、2014日南サンフレッシュレディと那覇観光キャンペーンレディも参加。
 ・ IMG_9048_2014102014431276e.jpg IMG_9051.jpg 
 そして時代絵巻となる侍大将と女武者がやってきました。
IMG_1306_20141020133205356.jpg
 侍大将は、私ども(一財)飫肥城下町保存会の理事長で観光協会の会長を兼ねる清水満雄商工会議所会頭、そして凛々しい女武者は日南学園の安藤晴香さん。
 IMG_1312_20141020141737cae.jpg IMG_1323_2014102014175667e.jpg
 その後に続く武者行列は、「飫肥地区鎧・兜の会」の皆さんです。日頃は市内でサッカーや野球に取り組んでいる元気な小学生たちです。先頭の四名が掲げている九曜紋幟は、当保存会が作成したもので、今回初めて着装しました。
IMG_1315_20141020150420744.jpg
 いよいよこの後は、市内九地区から選ばれた注目のミスお姫様が登場します。その様子は、明日以降にブログアップします。
「飫肥城下まつり」ゲストライブ
 飫肥小学校グランドのメインステージでは、Misachiさんのゲストライブショー 

IMG_1234.jpg
 小学校の同級生﨑田日南市長も駆けつけ、同校の閉校記念歌「せんだんの木~校舎から君へ~」を一緒にデュエット。市長も中々の歌唱力でした。
 IMG_8999.jpg IMG_8994.jpg
 Misachiさんの後は、中西保志さんのゲスト歌謡ショーです。 
IMG_1240.jpg
 いきなりヒット曲「最後の雨」を熱唱です。その後、尾崎豊が亡くなった年にデビューされたとのことで、尾崎豊の曲やサザン、松田聖子などのカバー曲を披露していただきました。 
IMG_8961_201410191037111aa.jpg
 ところで、中西さんは日本歴史などに詳しく、飫肥城藩主伊東氏についてもよくご存知でした。好きな作家は司馬遼太郎で、その中で「小村寿太郎侯」についても大変感銘を受けられたようです。歌謡ショー本番前に小村記念館にお見えになり、寿太郎侯に関する展示物を熱心にご覧いただきました。関連の書物を購入していただき、「明治の偉大な外交官『小村寿太郎侯』を自分なりに発信します」とありがたいコメントまでいただきました。
 日南出身のMisachiさんと小村寿太郎を大変評価されている中西保志さん、今後のご活躍を応援したいと思います。
まつりスタート!
 大勢のお客さんが詰めかける中、飫肥城下まつりがスタートしました。
IMG_8921_201410181419263fe.jpg
 午前11時半に開会宣言文持った早馬が大手門を疾走して、駆け抜けていきました。
IMG_1131_201410181422286d9.jpg
 城内では弥五郎さんが皆さんを迎えています。
IMG_8924_201410181431434d0.jpg
 早馬疾走の後、泰平踊が大手門前で披露されました。
IMG_1156_201410181434412df.jpg
 今年は天候に恵まれ、人出も例年になく多いようです。
 午後からは、飫肥小学校グランドのメインステージでは、郷土芸能をはじめ数多くの催しが計画されています。なお本日の歌謡ショーのメインゲストは中西保志さんです。
まつり準備完了!
 いよいよ明日から開催される「飫肥城下まつり」の大手門前の幟と提灯の設置が完了しました。
IMG_8847.jpg
 初めて披露される九曜紋の幟も設置!
IMG_8825_20141017164020378.jpg
 2日目にパレードが行われる本町商人通りの飾りつけも完了!
IMG_8844_201410171639493de.jpg
 城下まつりの詳しい情報はこちら『第37回飫肥城下まつり情報』をご覧ください。
        ・ポスター-thumb-319xauto-2419
 明日から2日間に渡って飫肥城周辺で繰り広げられる「第37回飫肥城下まつり」、天気も良ようで素晴らしいまつりになることでしょう!多くの皆さんのお越しをお待ちしています。
振徳堂で読書
 読書の秋、本日飫肥小学校の子供たちが、飫肥藩校「振徳堂」で読書活動。
IMG_8727_201410161305517a7.jpg
 4年1組と2組の49名が、午前中2回に分けて素読の間で静かに本を読んでいました。
 IMG_8729.jpg IMG_8737.jpg
 「振徳堂」は、天保2年(1831)に飫肥藩13代藩主「祐相公」によって、従来の学問所を増改築し、儒学者安井滄洲・そ息軒父子を迎えて開設されました。
 開設の主旨は、「聖賢の教えを守り、忠孝に励み、礼節を尊び、長幼の序を重んじ、文武両道を鍛える」こととされていました。このことが、振徳精神として藩校の士風となり、動乱の幕末や維新の難局に処してきました。
 IMG_8735_2014101612115522a.jpg IMG_8733_20141016121143265.jpg
 敷地内にある「小倉処平」碑と「小村寿太郎」胸像、二人を結びつけたのはここ振徳堂です。
 小村が信条とした「誠」「正直」の心もここで育まれたといわれます。
IMG_8719_20141016121131bab.jpg IMG_8726_20141016120200e24.jpg
 多くの飫肥藩士たちが学んだ「振徳堂」の玄関には、子供たちの履物が整然と揃えて置いてありました。ここで先人たちの偉業を振り返り、その教えの少しでも得る時を過ごして欲しいと思います。





まつり幟がたなびく!
 本日、18日(土)と19日(日)に開催される「飫肥城下まつり」の幟が、飫肥城下町の通りに設置されました。
IMG_3022_20141014173428d9a.jpg
大手門前には、14本の幟が立ち並びました。
 IMG_8660.jpg IMG_8671_20141014165621fd1.jpg
 午前9時に、自治会役員の皆さんが大手門裏に集合し、幟を軽トラに積んで設置する持ち場に向かいました。
 IMG_8676_201410141656325d1.jpg IMG_3007_201410141734146d0.jpg
 大手門前には地元自治会の皆さんが担当のようです。大手門に近いところから飫肥藩主伊東氏の初代祐兵公から14代祐帰公までの14本の幟が掲げられています。
 10日に設置の予定でしたが、台風19号の関係で本日に掲げられました。まつり当日は、天候も良いようです。これからまつりに向けて盛り上がることでしょう!
台風の目?
 午前11時頃、大型で強い勢力の台風19号の中心が通過しているのか?
 IMG_8644_20141013121026d47.jpgIMG_8579_1.jpg
 1時間ほど前から風雨が弱まり、青空が出てきました。城内も・・・・・
 IMG_8595_2014101312150778b.jpgIMG_8580.jpg
 雲がなくなってしまいました!
 IMG_8626_1.jpgIMG_8555_20141013122600f29.jpg
 昨日結束した「豫章館」の雨戸が、屋敷を完璧に守ってくれたようです。
 気付いた被害といえば・・・・・・
 IMG_8584_1.jpg IMG_8588_20141013124308b98.jpg
 「松尾の丸」の漆喰壁が一部剥がれていました。
IMG_8640_1.jpg
 城内周辺を見て回ったところ心配された大きな被害個所は、今のところないようです。
 さ~一週間後の18日(土)と19日(日)は、いよいよ「第37回飫肥城下まつり」。
 明日は、城内周辺に散乱した台風の後片付けを保存会職員全員で取り組むことになっています。頑張らないと! 
休館のお知らせ
 風雨が強くなってきました。今年最大の攻撃が飫肥城に迫っています。
 IMG_8551.jpg IMG_8543_20141012133017716.jpg
 このため飫肥城の各由緒施設は、閑散としています。
 IMG_8547.jpg IMG_8546_20141012133502f31.jpg
 なお「四半的射場」は、今朝から休場です。
 午後から「旧山本猪兵家」「旧高橋源次郎家」「商家資料館」が、明日まで休館。
 そして、明日は全ての施設が休館となります。
 今年は、自然の敵に度々攻撃を受け、かなりの被害を被っています。今回は、情報によるとこちらに焦点を合わせて攻めてくる気配です。そのため、我々も万全の体制で、守りを固めています。何とか持ち堪えて欲しい。
種田山頭火の句碑建立
 漂泊の俳人「種田山頭火」は、大正から昭和の初めに放浪の托鉢生活のなかで独特な自由律の俳句を残しています。
IMG_8433_20141011124143072.jpg
 句碑の除幕式が行われたのは、榎原にある井上酒造敷地内です。井上酒造株式会社の創業120周年記念事業として句碑を建立されました。
       ・IMG_8453_20141010171633706.jpg
 句碑には、そこで詠んだ「こんなにうまい水があふれてゐる」が刻まれています。
 IMG_8421_20141010171558c69.jpg IMG_8420_201410101715514cb.jpg
 この井上酒造の敷地にある榎原名水は、「宮崎県の名水21選」に選ばれ、おいしい水があふれて出ています。
 この湧水でおいしい芋焼酎「飫肥杉」などがつくられています。

 ところで山頭火の句碑は、飫肥城下町にもあります。
 IMG_8456.jpg IMG_8455_20141010171641332.jpg
 本町商人通りにある「中華料理泰平」の玄関脇に建立されています。
 句碑には、飫肥で詠んだ「水の味も身にしむ秋となり」、「ここに白髪を剃りおとしてさる」、「誰もゐないでコスモスそよいでゐる」の3句が刻んであります。
IMG_8450_201410101716249fa.jpg
 山頭火は、昭和5年10月1日から8日間を飫肥や油津、榎原に滞在しました。飫肥を訪れたのは、10月4日と5日の2日間です。その後油津から目井津を経て、榎原には8日に訪れ栄家に泊まっています。
 目井津では「酔うてこほろぎといっしょに寝てゐたよ」、榎原では「窓をあけたら月がひょっこり」と滑稽な句も詠んでいます。
 除幕式が行われた10月8日は、山頭火が榎原を訪れてから84年目になります。

 この度の句碑の建立をしていただいた井上酒造の寺田社長さん、そして式典の企画していただいた日南山頭火の会設立準備会の菊池さんの御両人のご尽力に感謝致します。
飫肥伊東家の軍旗(幟)
 飫肥藩主伊東家の家紋で、二代藩主まで使用されていた「九曜紋」の軍旗(幟)を、このほど復元しました。
 IMG_8334.jpg IMG_8337_20141010120843b75.jpg
 この軍旗は、飫肥城歴史資料館やきよたけ歴史資料館に収蔵されている文献などを参考に、当保存会「長友学芸員」の努力によって再現されたものです。
 物の本によると、幟は平安時代は長い布の短辺に木を通して紐で吊り上げて風になびかせる、丈の高い流れ旗を軍団の象徴として軍容を誇示するため掲げていました。
 しかし、室町時代になると武家の一族間での争いが増加し、同じ流れ旗と同じ家紋を用いる敵味方の判断に混乱を生じるようになりました。このため、布地の長辺の一方と上辺のあわせてふたつの辺を旗竿に結びつけることで流れ旗との識別を容易にした幟が発案され、全国の武家へと徐々に広まっていったとされます。
 IMG_8325_201410101247453f0.jpg  飫肥城デザイン[1] (2)
 伊東家の九曜紋は、先祖工藤祐経の正妻の父方千葉氏家紋の使用を、源頼朝から許されたことに始まるとされます。千葉氏は、関東の名族で妙見信仰由来する家紋だそうです。ところが、江戸時代初期に熊本城主となった細川氏家紋が、同じ九曜紋でした。そこで戦場での混乱を避けるため小藩であった飫肥藩は、細川氏に遠慮して三代藩主から星の数を一つ増やしたとのこと。紋は十曜紋となりましたが、呼称は以前のよう「九曜紋」と称するのにこだわったと思われます。
老若共同作業!
  飫肥城下まつりを前に、シルバー人材センターと日南学園看護科2年の皆さんが、共同で城内周辺の清掃活動をしました。
 IMG_8476_201410081548365bd.jpg IMG_8478_2014100815484477f.jpg
 日南学園の皆さんは、シルバー人材センター女性会員の皆さんと一緒に、豫章館と小村記念館の除草作業。
 IMG_8395_20141008154552705.jpg IMG_8384.jpg
 広い庭園の雑草を、根気づよく抜き取ってくれました。
 IMG_8409_20141008154243c55.jpg IMG_8404_20141008164302405.jpg
 男性会員は、主に石垣の除草や瓦の修理。
 IMG_8459_20141008151733d7c.jpg IMG_8371_20141008155718ed9.jpg
 剪定作業は慣れたものです。
 IMG_8353_20141008160032655.jpg IMG_8351.jpg
 本日は、シルバー人材センターが80名、日南学園看護科が45名で計125名の皆さんが清掃活動に参加しました。
IMG_8495.jpg
 皆さんお疲れさまでした!
 このボランティア活動が始まったは20年以上も前からです。その後シルバーの皆さんが、このような活動に元気に取り組んでいることに、日南学園看護科の生徒たちが共感し、10年ほど前から一緒に取り組むようになったとのことです。老若連携による共同作業です。
飫肥小運動会!
 飫肥小学校秋季運動会は、台風18号接近のため順延となり6日(月)に開催されました。
 IMG_8210_20141007160822c97.jpg IMG_8218.jpg
 前日と打って変わり、好天に恵まれ元気な声援が、城内に響いていました。
 IMG_8247_201410071610427d8.jpg IMG_8254_20141007161054c3d.jpg
 6月から本町保存会の指導により練習を続けてきた「泰平踊」、観衆の前で初めて披露です。見事に習得し、立派に踊ることができました。次は、いよいよ18日(日)の飫肥城下まつりパレードですが、期待できそうです。
 IMG_8321_2014100716301521f.jpg IMG_8324_20141007163031164.jpg
 一方こちらは、本日開催された隣の地区にある吾田小学校の運動会。
 台風19号も10日過ぎには近づくようですが、それまでには市内小学校の運動会は終わるようです。
 
台風後の片付け
 昨日の台風18号接近によって、城内は多くの枝葉が散乱しました。
 IMG_8274_20141006174021dab.jpg IMG_8188.jpg
 早速、今日は職員総出で除去作業です。
 IMG_8302_20141006174414574.jpg IMG_8185_20141006174434adc.jpg
 一日掛りで、ようやく主な個所の作業完了!
 IMG_8313.jpg IMG_8243_2014100617513400c.jpg
 昨日と打って変わり、太陽が照り付ける暑い日で、作業に従事してもらった保存会の皆さん!今日一日、本当にお疲れさんでした。
IMG_8283.jpg
 ところで、18号に続き台風19号が、勢力を強めながら同じようなコースで近づくのではと心配しています。もう勘弁して欲しいものです。
台風対策!
台風18号が接近中です。飫肥城下町の由緒施設も台風に備えました。
 IMG_8167.jpg IMG_8131_20141005124238b2f.jpg
 本町商人通りにある商家資料館の正面玄関は、広いガラス戸になっています。
 IMG_8166_20141005125040ef6.jpg IMG_8171_20141005125047385.jpg
 そこで全面をベニヤ板で固定します。また、大手門前の豫章館は・・・・・・雨戸対策です。
 IMG_8141.jpg IMG_8140.jpg
 雨戸の表と裏を竹で結束して固定します。
 IMG_8172_2014100512450241d.jpg IMG_8145_201410051302039d9.jpg
 「商家資料館」は午前11時に玄関を固定したので、午後は休館です。「豫章館」は雨戸を固定しましたが、庭園や外部はご見学できます。
 雨風が強くなってきました。大型で強い台風18号は、午後から今夜まで最接近し被害が心配されます。このため「旧山本猪平家」と「旧高橋源次郎家」も午後は閉館とします。 後は、明日の後片付けです。被害のないことを祈りたい気持ちです!
蓮の花!
 市内の水田で見かけた蓮の花。
 IMG_8098_2014100412022580d.jpg IMG_8099_2014100412024436e.jpg
 午前9時頃に見かけた時は、水田一面に鮮やかなピンク色に咲き誇っていましたが、午後4時頃は・・・・・・
 IMG_8103.jpg IMG_8104.jpg
 花びらは、すべて閉じていました。
 蓮は、スイレン科の多年生水草です。 古来中国から渡来し、根茎は泥中をはい、秋には末端が肥厚し蓮根として食用になります。
IMG_8101_20141004135710223.jpg
 近くで見かけた方に聞いたところ、ここの蓮は蓮根を採るためでなく、花卉として栽培されているらしい。 仏教では、泥水の中から生じ清浄な美しい花を咲かせる姿が仏の智慧や慈悲の象徴とされ、極楽浄土の花とされています。 その証拠に如来像の台座は蓮華座で、仏前に「常花」(じょうか)と呼ばれる金色の木製の蓮華が置かれています。
 ちなみに、結果はどうであれ行動や運命を共にすることを「一蓮托生」といいますが、この語源は死後に極楽浄土に往生し、同じ蓮花の上に生まれ変わって身を託すという思想から由来しているそうです。
 それにしても、こちらでは余り見かけない蓮の花です。
 「南国日南ツーリズムネット(にちなんツーリズムネット)」が設立されました。
 IMG_8090_20141004104822744.jpg IMG_8089.jpg
 会長にドライブイン大海の谷川さん、副会長は南イチゴ園の南さん、会計がマタウ・マリンサービスの谷口さんに決まりました。これからの日南体験型観光を担う若いフレッシュな役員です。﨑田市長も駆けつけ「会の活動に市もバックアップする」とのあいさつをいただき力強い限りです。
IMG_8093_201410041048301c6.jpg
 この会の主な目的は、日南の地域資源を生かした体験型観光・ツーリズム活動を推進です。
 この会の立ち上げには、グリンツーリズムコーディネーターの室之園さんが以前から尽力してきました。彼の熱意が実を結んだといっても過言ではありません。
 会員には、商工会議所の黒田局長や「やっちみろかい酒谷」の日高さんをはじめこれまで日南市のまちづくりや体験型観光に携わってきた頼りになる面々のほか、これから新たに自然・文化体験や農家民泊などに取り組む若い皆さんなど熱意のある方が参加しています。
 県南のグリンツーリズム活動の取り組みは、県内でも遅れています。
 この活動に協力・連携する個人やグループなど、今後も会員を増やし、一層の充実と発展を図ることになりました。
 私たち「飫肥城下町保存会」も共に連携して、日南らしい魅力あるグリーンツーリズム活動の発展と県南ネットワークの推進に取り組みたいと考えます。
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。