盆トンボ!
 今飫肥城内の上空を支配している盆トンボ。青い空を涼しそうに飛び回っています。
IMG_9144.jpg
IMG_9153.jpg
 正式な名称はウスバキトンボ、西南諸島で発生し、世代交代を繰り返しな日本を北上するそうです。
IMG_9154_20150729131440b73.jpg
 渡り鳥のように、寒くなると再び南下することはないようです。 神風特攻隊ではないが片道飛行のようで、独特な生態系を持っています。
 あまり羽ばたくこともなく、広い翅で風を捉え、長時間・長距離の飛行ができるそうです。 シオカラトンボやオニヤンマのように筋肉質ではなく、体は捕獲するとつぶれてしまうほど脆いが、これも体や翅の強度を犠牲にして軽量化し、飛行に適応した結果とのこと。どちらかといえばグラマンよりゼロ戦に近い構造ではないか。
 お盆が近づくと飛びはじめる盆トンボ(精霊とんぼ)、終戦記念日8月15日は奇しくもお盆(旧暦の7月15日)と同じ日です。
 上空から私たちを見守っていて欲しい。
スポンサーサイト
 第38回飫肥城下まつり協賛会総会が、開催されました。今年は、10月17日(土)・18日(日)の2日間にかけ様々なイベントが計画されています。
IMG_3807_2015072714015144f.jpg
IMG_3819_20150727140158c89.jpg
 来賓である市長の挨拶の後、組織体制や事業計画の他今後の日程などが協議されました。
IMG_9533_20150727141120c3b.jpg IMG_9534_20150727141127ad1.jpg
 今年の主なイベントは、武家屋敷通りなどで地元のボランティアなどが設置する「竹灯籠展示」や山之口町の弥五郎どんのパレード参加など。
IMG_9535_20150727141642f88.jpg
 そして今年のメインゲストは、四つの案があり、この中から決定されます。
IMG_9537_20150727142034ded.jpg
 ミスお姫様の募集は8月中旬から9月7日まで。
IMG_3850.jpg IMG_3866_20150727142413442.jpg
 他にも様々なイベントが予定されています。
IMG_9536_20150727150056382.jpg
 今年の飫肥城下まつりイベント盛り沢山!



「飛鳥Ⅱ」飫肥のおもてなし!
 25日に油津寄港した飛鳥Ⅱのお客さんが、飫肥で楽しまれた様子をアップします。
 まずは、大手門前での人力車体験、待ち時間が長くきてあきらめて、次の施設に行かれた方も。
IMG_9461.jpg
 この日は泰平踊公演もありました。
IMG_9414_2015072709211082e.jpg
 踊りの後は、一緒に記念撮影。
 IMG_9453_20150727091150899.jpg IMG_9447_20150727091126ad4.jpg
 また、豫章館の縁側で庭園を眺めていらっしゃるご家族も、「ここで抹茶サービスがあれば、ぜひ体験したい」とのこと。
IMG_9434.jpg
 また、小村記念館の島緋桐の花に飛び交う蝶にカメラで追いかけていらっしゃる方も。
IMG_9430_2015072709121072c.jpg
 この日、飛鳥Ⅱの乗客315人が、飫肥城由緒施設の入館をしていただきました。 
IMG_9463_20150727091045c68.jpg
 今回は台風12号の関係で寄港も心配されましたが、こちらでは台風の影響もなく午後3時に長崎に向け出港しました。
体験型観光!
 昨日、小村記念館で開催された「体験型観光講座」。講師は体験型レジャー予約会社「Asoview!」の山野代表取締役。
 国内の体験型観光地の成功事例やこれからの販売開拓と県南ででの取り組みなど、解りやすく説明していただきました。
 﨑田市長も最後まで熱心に受講されていました。
IMG_9382_201507231506027b2.jpg IMG_9378.jpg
 旅行(観光)には5つの要素があり、その1つが「遊び」。その遊びには「名所旧跡」「景勝地」「体験」の3つがある。
 体験型観光の新規の顧客確保は簡単ではないが、既存観光客を対象にするとそう難しいことではない・・・・・・・ごもっとも。
 更に、これからの観光商品販売は、ネット予約が主流になる。そのプラットホームを構築するのが「Asoview!」とのPR.。
 県南の取り組みでは、日南の「幸開き」と串間の「南国時間」、そして私どもも関わりのある「県南観光ネットワーク推進協議会」について担当者が説明。
IMG_9381_20150723150626369.jpg
 その後の質疑の中で串間市都井の宿泊施設の必要性を問われた方に対し、山野講師から「先ずは、軽費で可能な「グランピング」に取り組んでは」と指摘。グランピングとは高級なキャンプのことだそうです・・・・・・なるほど! 都井でやってみる価値は、ありそう。
 今回の講座は、私どもにも大変解り易く参考になった。飫肥城下町でもアイデアが出せそうだ。
 この講座を主催された「日南市雇用創出プロジェクト会議」の皆さん有り難うございました。
  
英語案内作成!
 日南振徳高校では、地域貢献を目的とし、飫肥城下町「食べあるき・町あるき」事業で取り組んでいる「あゆみちゃんマップ」の参加店について、英語による案内手引書を作成しました。
 本日、その贈呈が小村記念館で行われました。
IMG_9286.jpg
 英語案内書は、6学科の1年生全員で作成し、6冊に分けて贈呈。
 贈呈の後、実際にこの案内書を用いて案内役と外国人観光客になってデモンストレーションが行われました。
IMG_9272.jpg IMG_9276_20150722145414c89.jpg
 英語案内書は、参加している全てのお店の紹介や引き換える商品の説明、道順の案内などもできるようになっています。
IMG_9372_20150722152020699.jpg
 今、国外から飫肥を訪れる観光客は、年々増加しています。そして「あゆみちゃんマップ」を手に飫肥を散策している外国人を目にするようになりました。 
 この英語案内書は、これから大いに役立つこと間違いありません。当保存会としては商店の皆さんとともに活用して参ります。
 振徳高校の生徒さんをはじめ、作成を指導していただいた関係先生方に心から感謝申し上げます。
 秋田教授ようこそ!
 武蔵野音大の秋田教授ご夫妻がお見えになり、旧高橋源次郎家などをご案内致しました。
 秋田教授は日南市のご出身で、高橋源次郎さんのお孫さんとお友達だそうです。宮崎市で開催されていた音楽コンクール予選の審査員で来られ、そのついでに飫肥にお見えになったようです。
IMG_9246.jpg
IMG_9252_2015072116305231f.jpg
 飫肥にはこれまでも何度かお見えになったようですが、このように時間をかけて見学されるのは初めてとのこと。
 鯉の遊泳が再開し、次回お見えになるときは、この後町通りや大手門通りの電柱も無くなっていることでしょう。
香港の青年車夫!
 人力車(祐武兵クラブ)の車夫として登場した「曽顯章さん」(22歳)。香港中文大学の学生で、今月11日から26日まで市内の家庭にホームステイしているとのこと。
IMG_9236_20150719153930dd0.jpg
 日本人だけでなく最近多くなった台湾や香港の観光客の皆さんにとって、とても重宝です。
 車夫は初めての経験なので、先輩車夫の指導を受け慎重に引いていました。
IMG_9233.jpg
 今日は、泰平踊の披露もあり台湾や香港からも大勢の観光客がお見えになっていました。
IMG_9202.jpg
 皆さんは、それぞれ写真に収まり満足した様子、この後人力車の体験をされた方も。
IMG_9190_20150719155709d14.jpg IMG_9199.jpg
IMG_9192.jpg
 ところで曽さんが、車夫をやりたいと思った動機は、「飫肥城の観光客の皆さんにおもてなしをして、ホームステイしている日南市のために何か協力したいと思ったから」だそうです。
IMG_9224_201507191547431d0.jpg
 彼の気持ちとても有り難く感じました。このような価値観は万国共通なのか、いずれにしても拍手を送りたい。
県議会会派の視察
 昨日、県議会「県民連合宮崎」所属議員(7名)の会派議員調査視察あり、対応いたしました。
 研修は、前日からお見えになり「道の駅南郷」と「県立日南病院」を視察され地元旅館で宿泊されたようです。
 小村記念館では、日南市のまちづくりとマーケティング戦略等について研修。
IMG_9038.jpg
 市から地域振興課と商工政策課の担当課長とテナントミックスサポートマネジャー木藤氏・マーケティング専門官田鹿氏によるプレゼンにより、二人の取組状況や目的等が分かりやすく説明されました。
IMG_9037_20150715111733c4a.jpg IMG_9043_20150715111742338.jpg
 木藤氏(サポマネ・キトー氏)と田鹿氏(マーティン・タジー氏)ともに役割は日南地域経済の活性化を目的とするものです。二人の違いは、木藤氏が主に油津商店街を再生のための内需拡大、一方田鹿氏は、雇用創出による外需拡大をはかるものとの説明あり。
 両人ともその目的達成のため着々と活動しており、これからの効果が期待されます。しかしその成果は、市民の協力とバックアップが大きく左右します。日南市民も地域経済活性のためもっと関心を持って応援して欲しいと思います。
IMG_9045_20150715111750593.jpg
 なお今回の県議会会派研修は、地元選出の高橋透議員の企画されたものと思います。この後、城下町散策と町あるき体験をしていただきました。県南日南に目を向け視察していただきありがとうございましす。これからの各議員のご活躍をご期待いたします。

晴れた~
 久し振りの快晴!
IMG_9073_201507141801545d9.jpg
 旧本丸跡!
IMG_9092.jpg
本町商人通りと大手門通り!
IMG_9063.jpg IMG_9067_20150714180408f0c.jpg
 飫肥小グランド!
IMG_9095.jpg
 快晴だからと言って、お客さんが多いとは限らない。今日は、親子やご夫婦、兄弟などのご家族がゆっくりと城内外を散策されているのを見かけました。
クルーズ船を迎える!
 油津港に寄港したこれまでで最大のクルーズ船「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」、その出迎えと、受け入れ態勢等の様子を紹介します。
IMG_8612_20150712104159398.jpg
 日南学園の吹奏楽部が演奏をする中、午前9時過ぎに着岸。岸壁では、大勢の皆さんが出迎え。
IMG_8628_20150712104604bea.jpg IMG_8625_201507121046116b2.jpg
 観光協会の職員が甲冑を纏ったり、お姫様でお迎え。一方クルーズ船の船員も呼応してご覧の格好でタラップから降りてきました。
IMG_8634_201507121050434e5.jpg IMG_8632_20150712105050f86.jpg
 通訳ガイドやバス運転手の皆さんは、事前の周到な打ち合わせと確認。
IMG_8589_20150712105945abb.jpg IMG_8598_20150712110018db7.jpg
 飫肥観光駐車場では、この日に備え前日から駐車場の確保をし、市職員の皆さんと連携して大型バスの誘導、テントも設置してマップ引換等のスムーズな対応。
IMG_8913.jpg IMG_8952.jpg
 また、豫章館座敷では、この日限定の抹茶提供の試みをし、通りでは「祐兵クラブ」の皆さんが人力車サービス。
IMG_8657.jpg IMG_8805.jpg
 混雑が予想されるポイントには、通訳ボランティアの皆さんや市職員が案内やゴミの回収。
IMG_8667_201507121122521b2.jpg IMG_8744.jpg
 当保存会職員は、今回も着物姿で窓口対応。
IMG_8777_201507121130116eb.jpg IMG_8714_20150712112938a8f.jpg
 今回の「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」は、市や関係機関、通訳ガイドの皆さんや関係業者など多くの皆さんのご協力と周到な取り組みで大きな問題もなく、無事受け入れができました。
IMG_8850.jpg IMG_89691.jpg
 おかげでお見えになった皆さんも笑顔で帰って行かれました。
IMG_8616_201507121206362ca.jpg IMG_8887.jpg
 次回は今回の足らざるところを反省し、更なる市や関係団体との協力と体制の充実を図りたい。
「クルーズ船」過去最高の売上!
 油津港に寄港したこれまでで最大のクルーズ船「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」、飫肥城下町における経済効果もこれまでで最大と思われます。
IMG_8951.jpg
 とにかくバス75台、2800人以上のお客さんが午前・午後に分かれて飫肥城へ。全員が「食べあるき・町あるき」マップを購入、過去に経験したことのない受け入れ。 この時間帯は、まるで城下まつりのような人出になっていました。
IMG_8929.jpg
 本町商人通りに下りてみると、目的の店を目指して大勢が町あるき。
IMG_8866_20150709161315705.jpg
食べ歩き参加店のお店は長蛇の列、別の店も買い物客でいっぱい。引換商品だけでなく、他の商品も購入してます 
IMG_8895_2015070916135859e.jpg IMG_8853_20150709163818563.jpg
 一方参加店でない、お店にも大勢のお客さんが商品を求め、ソフトクリームは飛ぶように売れていました。
IMG_8870_20150709162144c21.jpg IMG_8753.jpg
 特に買い物客が多かったのは、地元のスーパー。中でも桃やリンゴなどは人気!
IMG_8860_20150709163810f5b.jpg IMG_8760_201507091637432ad.jpg
 いずれにしても、飫肥の商店はこれまでにない効果がありましたが、一部の商店に偏った点は今後の反省。
IMG_8640_201507091646424f5.jpg
 当初不安していた混乱もなく、しっかり対応できたとの自信も出来ました。
 8月には、更に大型のクルーズ船が寄港する予定です。今回の経験を糧にして、更なる受け入れ対策を講ずる必要があります。
 次回、地元のおもてなしをアップします。
山口大臣飫肥視察
山口 俊一内閣府特命担当大臣が、飫肥城下町にお見えになり﨑田市長をはじめ、関係する機関の皆さんと視察をされました。
IMG_8543_20150705144103507.jpg
 大手門から通りを下り、今後の活用が期待される小鹿倉家までを歩いて視察されました。
IMG_8539.jpg IMG_8548.jpg
 山口大臣は、情報通信技術(IT)政策担当大臣も兼ねており、﨑田市長は地方創生IT利活用推進会議の有識者メンバーとなっていて、その﨑田市長の地元視察にお見えになったようです。
 同じく衆議院議員の古川禎久財務金融委員長も駆けつけていただき、「山口大臣が小鹿倉家の活用等についても前向きの考えを示して頂いたようだ」とのコメントを頂きました。
      IMG_8550_2015070515101898f.jpg
 古川代議士は、その後駐車場にて保存会職員と気さくに写真に応じていただき有り難うございました。
誠の心で!
 新富町から飫肥城下町の歴史と文化を学びに来た中学生の皆さん!  寿太郎侯を中心にして「頑張るぞー」
IMG_8489_2015070116332414b.jpg
 そして小村寿太郎侯のスピーチ。
IMG_8491_201507011642295bf.jpg
 皆さんは、昨年に続き飫肥に校外学習に来ました。私どもが期待するのは、小村侯のように「誠意をもって事に処する」ことです。
IMG_8475.jpg IMG_8472.jpg
 生憎の雨模様で、小村記念館で食事をしていただきました。町あるきも大変でしたが、観光ガイドボランティアの皆さんの協力でしっかり学習出来たと思います。 
 この中から小村侯を超えるような人物が育って欲しいものです。
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .