FC2ブログ
古事記編纂1300年!
 日本最古の歴史書「古事記」が、奈良時代の712年に編纂(へんさん)されてから、平成24年(2012年)は1300年の節目に当たります。
 そこで、記念の研修会が、小村記念館で開催されました。
IMG_7210.jpg
 講師は、県の文化財保護審議会会長・宮崎市文化財審議会会長など多くの役職や地域文化の功労者である甲斐亮典先生です。主催は日南市観光協会。
 IMG_7209.jpg IMG_7208.jpg
 古事記は上巻・中巻・下巻に別れ、上巻が「神代」の説話で「神話」とされています。その神話の舞台が、高天原・出雲国・日向の3つに分かれています。
 私たちの宮崎地方は日向と呼ばれていて、古事記では日本神話の結論的名部分になっています。その日本神話は、天皇の祖先の尊厳を説くものだといわれます。
 その「古事記」の上巻の冒頭は、次のように書かれています。
    ・IMG_7212.jpg

 こちらは、黄泉の国から逃げ帰った伊耶那岐命(イザナギノミコト)が、「けがらわしい処に行った」として「竺紫(つくし)の日向の橘の小門の阿波岐原」で禊(みそぎ)払えをされたとされる一ツ葉海岸周辺と高天原から地上に降り立った邇邇芸命(ニニギノミコト)の天孫降臨の一つとされ日向神話の始まりとなる高千穂の峰です。
 IMG_7213_20120314172318.jpg IMG_7215_20120314172313.jpg
 この研修には、日南市観光ガイドボランティアノの皆さんをはじめ、今話題となっている古事記に興味を持った皆さんが、市内外から多く参加され熱心に聞き入っていました。
 IMG_7211.jpg

 県では、古事記や日本書紀の神話の舞台の一つとなっている宮崎(日向)の地を古事記編纂1300年を機に、今後地域活性化に活用しようと様々なイベントなど企画されているようです。 
 我が県には、古事記と所縁のある昔から受け継がれてきた伝承や伝説、伝統芸能をはじめ数多くの地域資源があります。今後の観光PRの新たな切り口にしていただき、県内外に強力に情報発信して頂きたいと思います。
 
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .