FC2ブログ
熊本・昼と夜
 ホテルの窓から見た熊本市内の昼と夜。NTT西日本熊本支店の桜町交換所タワー横に熊本城が遠望できます。
IMG_7256_20120319170804.jpg
 そしてこちらが同じ方角の夜の熊本市内の様子。熊本城はライトアップで浮かび上がっていました。
IMG_7327_20120319170817.jpg
 日本三名城のひとつといわれる熊本城は、加藤清正が慶長6年(1601年)から7年の歳月をかけ築城した天下の名城です。加藤家2代、細川家11代の居城として続きましたが、明治10年の西南戦争では、薩摩の大軍を迎えて50余日の籠城に耐え、難攻不落の名城の真価を発揮したとのことです。
       ・IMG_72551.jpg
 しかし、薩軍総攻撃の3日前、原因不明の出火により、宇土櫓(うとやぐら)はじめ11棟を残し主要な建物を焼失しましたようです。現在の天守閣は昭和35年に市民の浄財を基に再建されたもので、加藤家、細川家、西南戦争などの資料が展示されています。

 一方こちらは、長六橋の方角。
IMG_7258_20120319170918.jpg
 そして夜。
IMG_7331.jpg
 こちらの国道3号線を渡る長六橋も加藤清正が、慶長6(1601)年に架けたものだそうです。
 白川には熊本城下を守るため他の架橋は許されず、幕末まで唯一の橋だったとのこと。この橋は交通の要所で、西南戦争では薩摩軍もここを進撃したようです。現在の新長六橋は、1990年に竣工したもので、手作り高欄や4体の裸婦像など独特の雰囲気を醸し出しているようです。
 熊本に来ていつも思うのですが、この橋周辺の道路はカーブや交差点が多く、熊本城を一気に目指すには戸惑ってしまい、今でも攻めにくい熊本城です。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .