FC2ブログ
巣立ち!
 3月23日(金)、飫肥城内にある飫肥小学校の第138回卒業式が挙行されました。
IMG_7658_20120324185559.jpg
 正門の山桜も満開を過ぎ、朝からの雨で新芽が勢い良く伸び始めていました。
 IMG_7630.jpg IMG_7638.jpg
 式の開始が近づくと、卒業する6年生は、担任の先生と式場の体育館前で緊張した様子でスタンバイです。
 午前10時の開式のあいさつの後、男子22名、女子19名に卒業証書の授与が行われました。
IMG_7648_20120324185536.jpg
 引き続き、校長先生の式辞と教育委員会の祝辞。
 IMG_7652.jpg IMG_7656.jpg
 式もいよいよ大詰めになり、卒業生(6年生)と在校生(5年生)による「お祝い・お別れのことば」が行われました。
 IMG_7671.jpg IMG_7676.jpg
 そして卒業生が「旅立ちの日に」や「巣立ちの歌」、在校生が「また会う日まで」を歌うと、子ども達だけでなく、会場の全員が、感きわまって目頭が熱くなってきました。
IMG_7688_20120324185622.jpg
 それにしても、私自身こんなに感動した卒業式は、久し振りです。
 飫肥小学校は、飫肥城郭の恵まれた環境の中にあり、郷土の歴史と伝統を継承し、郷土を愛する子どもの育成を学校経営の基調としています。
 子ども達は6年になると、郷土の歴史的文化芸能「泰平踊」の継承や城内清掃等の自主的な活動に取組みます。飫肥城にお見えになる方に対しても、礼儀正しく接しあいさつします。
 このため、観光客の皆さんからも「飫肥の子どもは素直で礼儀正しい。あいさつしてくれて感動した!」 との評価をいただいており、このことが観光地飫肥の評価を高めることにもなり、私たちも大変うれしく自慢できます。
 卒業生の殆どは、同じ城郭内にある飫肥中学校に進学することになります。
 式典の正面からは、飫肥が輩出した明治の偉大な外交官「小村寿太郎侯」が式典を最後まで見守っていました。6年間学んだ学び舎を校章にある鶴のように巣立って、希望と勇気を持ってさらに勉学・スポーツ等に頑張ってください。そして「寿太郎侯」のように、世界に大きく羽ばたく大人になって欲しいと願ってます。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .