FC2ブログ
「食べられる?」
 飫肥城のとある所で見つけた木、枝もにたわわに暗紫紅色の果実を着けています。
IMG_3920.jpg
 近くの方をお呼びして、試食していただきました。
 IMG_3918.jpg IMG_4099_20120824171648.jpg
 感想は、「甘~い」「美味しい!」だそうです。
IMG_3921.jpg
 この木は、イヌビワです。
 植物学者「村越三千男氏」が編著並描畫した大植物図鑑によると、『一名コイチジク、チチノミ、ヤマビワ等異名多し、處々に自生すれども殊に暖國の海邊に多き常綠灌木なり。幹高さ一丈許に達し葉は橢圓形にして互生し殆んど平滑なり。夏秋の頃葉間に長梗を出し花を生ず。本花は單性にして總て花托内に隠れイチジクに似たり。 熟果は葡萄糖に富み且つ好味を帶べるを以て小兒之れを採りて生食す。』とあります。
 雌雄異株でクワ科イチジク属の関東以西に自生している落葉かん木ですが、食用になることを知っている人は少ないようです。ただし、食用になるのは雌木の実です。雄木の実はシャパシャパして味も何もありません。
 ジャムにして利用する所もあるそうですが、いずれにしても自然が恵んだ果実です。最近の若い皆さんは食べたことはないようですが、私なんか幼少のころよく食べたものです。
 暑い夏の山登りの途中で暗紫紅色に熟した果実を見つけるとラッキーです。2~3粒を口に入れるだけで元気が出ます。 
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .