FC2ブログ
八朔の七夕飾り
 今日から9月、ところで七夕祭りと言えば7月ですが、「小村記念館」では現在七夕飾りを行っています。
IMG_4457.jpg
 飫肥地方では江戸時代から旧暦の八朔(8月1日)に七夕祭りが行われていたようです。
 IMG_4308_20120831134104.jpg IMG_4292_20120831134402.jpg
 短冊に書かれている願い事は、夏休みということで子ども達の夢や希望が多く書かれています。
 IMG_4117_20120831134538.jpg IMG_4119_20120831134544.jpg
 今年の旧暦8月1日(八朔)は、9月16日になります。
IMG_4506.jpg
 世界中の皆さんが安心して暮らせる平和な世の中になって欲しいですね。そして子ども達の夢や希望が、叶いますように。 
 ところで、何故「八朔の七夕祭り」なのか・・・・・江戸・明治期の政治家で飫肥藩家老などを務めた平部嶠南(きょうなん)著作の「日向纂記」によると、「伊東家の6代目祐時の命日が1348年7月7日であるため」と記されています。この忌み日を避けて飫肥の城下町では、季節はずれの旧暦八朔の日に行われていたと考えられます。
 この七夕飾りは、「小村記念館」だけでなく本町商人通りの「旧山本猪平家」「旧高橋源次郎家」「商家資料館」などで今月の16日まで行います。その後、願いを書いた短冊は灯篭流しで有名な飫肥の「願成就寺」で祈願することになっています。この機会に皆さんも八朔七夕に願いをかけてみては如何ですか。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .