FC2ブログ
七五三お参り
 七五三は、7歳・5歳、3歳を迎えた子供の成長を祝って 神社・寺などにお参りする行事です。
 ここ福岡の筥崎宮でも多くの子どもたちが家族に連れられ詣でていました。
IMG_8298_1.jpg  IMG_8341.jpg
 境内には、祈願の受付を済ませた多くの家族が待っています。
 祈願を終えた家族は、いただいた千歳あめなどを手に持って記念撮影です。
IMG_8347.jpg
 鳥居の近くでは人力車が待機していて、希望される家族に人力車に乗せて写真のサービス。
 IMG_8364.jpg IMG_8375.jpg 
 七・五・三歳を節目としているのは、縁起の良い奇数という古代中国の陰陽数の思想によるものです。
 七五三参りの起源は室町時代といわれ、公家や武家といった高貴あるいは偉い家柄においていて行われていた行事のようです。それが江戸時代の武家社会を中心に関東から徐々に、一般庶民へ伝わっていったとのこと。
 参拝時期は、11月15日に行うのが慣わしです。これもまた七五三を合計した15という奇数が、縁起が良い陽数である事に起因しているからです。 そして、男児の場合は3歳と5歳、女児は5歳と7歳の齢にお祝いするようですが、誕生して3歳のお祝いまで髪を伸ばします。特に女児はそこで初めて髪を結うとのことです。
 しかし最近では15日に限らず、その前後の都合の良い日にお祝いすることが多くなっています。
 少子化の中、こどもに対する親の期待は大きく、子どもの無事な成長に感謝し、今後の幸せと健康をお祈りする子どものための行事ですが、親の都合で決まるようです。 
 
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .