FC2ブログ
「小村寿太郎侯顕彰展」
現在小村記念館では「小村寿太郎侯顕彰展」が開催されています。
 今回の企画内容は「小村寿太郎ゆかりの地特殊(国内編)」です。
IMG_8254.jpg
 飫肥で生まれ藩校「振徳堂」から小倉処兵とともに長崎・東京へ、そして東京開成学校(現東京大学)からハーバード大学に国費留学し法律を学び帰国、その後司法省、外務省時代の大阪・東京での生活。そして外務大臣となり国際舞台で活躍し、終焉の地神奈川県葉山で亡くなるまで過ごした場所が、パネルで紹介してあります。
 IMG_8390.jpg IMG_8408_20121107143129.jpg
 下の掛軸は、今回初めて公開される小村侯の直筆書簡です。
IMG_8389.jpg
 この書簡は小村侯と当時親しかった槇氏へ送ったもので、槇氏のご子孫(現在山形県在住)から今年寄託していただきました。
 この時期は明治26年頃のもので、父の負債の背負った寿太郎侯が裁判所の呼び出しに出張中で対応できないため、親しかった槇氏に出向依頼をしたものです。
IMG_8405_20121107141558.jpg
 その他にも、小村寿太郎侯が外務次官になり駐米公使として渡米するまでの様子を記した書簡(四点)も初めて公開しています。この手紙は、飫肥伊東家の家扶(秘書)が東京と飫肥の屋敷間で、明治31年頃にやり取りしたものです。
 今月11月26日は、小村寿太郎侯の命日で、当日は墓前祭も会される予定です。この月に併せての「顕彰展」は今月末まで開催されます。どうぞこの機会に、小村侯が辿った地をパネルで旅してみませんか。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .