fc2ブログ
飫肥城の日々
飫肥城下町の魅力を発信
和式の屋敷に洋式の煙突!
 飫肥商人通りにある「旧高橋源次郎家」
IMG_5268_20130523094433.jpg
 この古い屋敷の屋根に煉瓦で積まれたものは・・・・・・・洋式の煙突です。
IMG_8096.jpg
 ところがこの年代物の煙突の付け根の部分に亀裂が入り、ぐらぐらして大変危険な状態との通報がありました。
 よく見ると、煙突を支えるために四方からワイヤーロープが取付けてありますが、そのワイヤーも錆びていて用をなしていません
 IMG_8099.jpg IMG_8097.jpg
 この危険な状態の煙突、このままではいつ崩壊するか大変心配です。いっそのこと撤去したらという意見もあり所有者である市に相談したら、「この建物は国の有形文化財に指定されており、絶対ダメ!」とのことそれでは修理をとお願いしても「すぐには予算がない!」。そこで保存会では、新しいワイヤーロープと取り換えることにしました。
 IMG_8102.jpg IMG_8117_20130523103107.jpg
 今までのワイヤーはすっかり錆びていてボロボロ、新しいワイヤーはビニール被覆され耐久性もありそう。
 IMG_8109_20130523103514.jpg IMG_8120.jpg
 これでひとまず安心! 
IMG_8123_20130523101953.jpg
 当分は、お見えになる観光客の皆さんも安心して見学できます。
IMG_9817.jpg
 ところで、この建物は、時の豪商「高橋源次郎氏」によって明治中期に建てられたもので、主家のふすまや板戸には当時の名高い画家による日本画が描かれています。平成22年9月に国の登録有形文化財となりましたが、所有者から市に寄贈され一昨年から公開しています。
 しかし建物の屋根瓦から外壁などあらゆるところが傷みはじめていて、このような小手先の修理だけで、台風や地震などに耐えうるかとても心配です。早い時期の抜本的な改修等を望みます。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .