FC2ブログ
観光まちづくりを研究
 去る6月29日、大学等で観光について研究されている先生方が小村記念館にお集まりになり、飫肥城下町の観光のまちづくりの取組みについて、研究会を開催していただきました。
IMG_9203_20130702124508.jpg
 皆さんは飫肥に到着されると、先ず城内等のご見学をされ、飫肥の歴史や施設の魅力あるポイントを散策していただきました。
 IMG_9183_20130702125332.jpg IMG_9198_20130702125343.jpg
 癒される森「旧本丸跡」では、癒されすがすがしい気持ちになって記念撮影!
IMG_9188_20130702130929.jpg
 そして「食べあるき・町あるき」の体験をされた後、飫肥藩上級武士が屋敷を連ねていた場所にある服部邸で意見交換会。貴重なご意見を頂きました。
 IMG_9208_20130702131437.jpg IMG_9201_20130702131426.jpg
 今回の研究会は、日本観光研究学会「九州・韓国南部支部(千支部長)」が主催されたもので、九州だけでなく、遠くは奈良県の大学の先生もお見えになりました。
 千支部長さんとは、昨年大分別府市で開催された九州経済産業局が主催する「クリエイティブ九州研究会」の副委員長としてお会いしたのが、ご縁です。
 その様子は、「クリエイティブ九州!」をご覧ください。
 その研究会での飫肥の理念・コンセプトは、①心をつかむ、②儲けをつかむ、③持続性をつかむ、の3つで、新たな価値・価値創造の実現が、「ほっとする」つまり「飫肥の生み出す風情・時間にほっとする」です。・・・・その重要な役割を「飫肥のおもてなし」と「食べあるき・町あるき」が担っています。
 今回開催された観光研究学会九州支部総会では、ご出席いただいた先生方から、有難いお言葉や様々な貴重なご意見を頂きありがとうございました。各先生方の今後のご活躍とともに、私どもも、これらのご意見等をしっかり受け止め、飫肥のまちづくりに一層活かすべき努めて参りたいと思います。
  
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .