FC2ブログ
寿太郎侯のフロックコート!
 国際交流センター「小村記念館」には、小村寿太郎侯が着用した「フロックコート(礼服)」が展示してあります。
IMG_4964_20130705143504.jpg
 この貴重なフロックコートが、傷みはじめて対応策が求められていました。そこで市にお願いしたところ、本物そっくりのレプリカを作ることになり、専門業者の方がきて採寸しました。
 IMG_4975.jpg IMG_9259.jpg
 損傷しないように注意深く外に運びだして、コートを脱いで裏の状況も観察して採寸します。
 IMG_9251.jpg IMG_9258.jpg
 フロックコートは、19世紀中頃から20世紀初頭にかけて使用された昼間の男性用礼装だそうです。フシャツ、ベスト、ズボン、ネクタイで一揃いになった。その後モーニングコートに取って代わられ、現在では前合わせがシングルのものも多く見られるようになり、最近では結婚式でも使用されるようです。
 IMG_4969_20130707115222.jpg IMG_4973_20130707115153.jpg
  この展示してあるフロックコート(礼服)は、小村寿太郎侯が駐英大使時代(1906~1908)に実際に着用していたものです。専門業者の方に聞くと、これはロンドンにある英国皇族も注文される有名な洋服メーカーだそうです。レプリカ作成をお願いした方から「小村寿太郎は、肩幅も狭く小柄だったのがこのコートの採寸してはっきりします。明治の偉大な外交官として活躍した当時の小村侯の礼服として本物に負けないものを作ります」とのコメント頂きました。
 ちなみに英国では「フロックコート」だが、英国のエドワード皇太子(1816~1861)が米国訪れた際着用したことから米国では「プリンス・アルバート」と呼ばれているそうです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .