FC2ブログ
 これからの旅行需要創造に向けた地域の魅力の活かし方というテーマで、セミナーが開催されました。
 IMG_1891.jpg IMG_1892_20130907133330345.jpg
 基調講演をされたJTB総研の河野主任さんです。講演の後には関係者が参加者の意見に対して、それぞれの立場でのコメントをいただきました。
IMG_1895_20130907133314e8c.jpg
 今回のセミナーは、地域の魅力を活かし着地型商品を地域の手で創っていくためにはどうしたらよいか。その基調講演された河野さんは、旅行会社現場勤務の経験を持ち、地域資源の旅行商品化や観光プロモーションに繋がる実践的なマーケット調査を数多く手がけています。また、観光地の集客戦略や観光施設等の商品戦略の調査やコンサルティング経験も豊富とのこと。
 講演の中で、青島・日南地域は九州の他の観光地と比較した場合、①イメージでは、「自然」が突出しているが、歴史・文化や散策が弱いとのこと。②再訪・推奨意向は、九州でトップで、度々行けないが是非一度は行ってみたい観光地のようです。しかし、課題としては、宿泊施設や人との触れ合い、まちの賑わいが少ないという点です。
 今後の観光は物より心の豊かさが重視され、その地域以外では体験できない付加価値をつけ、旅行をするその「人」に目線を置いた商品が必要である。
 そして着地型観光をを目指すためには、「地域を五感に訴えるシナリオ(ストーリー)を創ること」つまり地域の資源を物語で繋ぐ観光商品をつくること・・・・・だそうです。
 そのために先ず必要なことは、その組織体制づくりと商品の仕組みづくりが重要。そして着地型商品にとって極めて重要なことはその商品の魅力的なコンセプトをつくり演出することだそうです。その次がマ-ケット目線での料金を設定、そして全国への情報発信方法や参加者目線での販売体制の確立。
 この点からすると飫肥の「食べあるき・町あるき」は、着地型商品として位置づけても良いかなと思ったりもしますが、飫肥地域にこだわらず周辺地域を含んだ着地型商品にすることによってもっと魅力と価値がアップするものと確信しているところです。
 いずれにしても、今後の日南観光の活性化に向けて、大変参考になるセミナーでしたが、私個人としては、それを仕掛け企画する人材育成が、先ずは最大の課題だと感じました。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .