FC2ブログ
 延岡研修
 宮崎県博物館等協議会の本年度第2回研修会に参加しました。
IMG_8842_20140209120009e7d.jpg
 会場となった延岡市内籐記念館
 IMG_8848.jpg IMG_8846.jpg
 階段を上がり正面入り口の門を入ると歴史を感じさせる庭園が迎えてくれます。
 IMG_8843.jpg IMG_8845.jpg
 県博物館の岩切副館長の挨拶の後、内籐記念館の大波学芸員による「博物館における古文書の展示」について講演。
 
 午後から、増田主任学芸員による記念館内展示室の案内
IMG_8861.jpg
 館内には数多くの貴重な資料が展示されています。
 IMG_8867_2014020912535443a.jpg IMG_8858_20140209124904c78.jpg
 展示室は大きく3ヶ所に分かれていて、古代・中・近世・近代・現在と延岡の歴史を辿るようになっています。
IMG_8871_2014020912485561a.jpg
 こちらでは、宗兄弟や谷口選手などマラソンや柔道なで世界で活躍したスポーツ選手の足形や手形、自筆のサインなどが展示してあります。
 
 その後日豊海岸にあるすみえファミリ―水族館にバスで移動し、同館の甲斐主任に案内していただきました。
 IMG_8875_20140209130527c05.jpg IMG_8883.jpg
 入館すると直ぐに目に飛び込むのは、五ヶ瀬川に生息するアユなど淡水魚、またこの近海や南の海の魚など楽しく見学できるように工夫されています。
IMG_8879_20140209130555616.jpg
 そしてこちらが宮崎県の絶滅危惧II類となっているアカメです。スズキ目・アカメ科に分類される魚の一種で、高知県や宮崎県などではときたまとれる非常に希少なものだそうです。夜行性の肉食魚で成長すると2メートルにもなるそうです。

 ところでここは、約200点の魚介類が展示してある小さなミニ水族館ですが、運営しているのは、宿泊施設や周辺の海水浴場やテニスコートなどの管理を行っている指定管理者です。市からの委託料も年次的に減額されており、事業収益を上げるため様々な取り組みをされているようですが、大変厳しいようです。
 今年3月に延岡から宮崎まで高速道路網が整備されます。入り込み客を増加するため、時宜を得た積極的な仕掛が求められます。県北の観光レジャースポットとして延岡の皆さんとともに一層の魅力発信をされることでしょう。
 私ども飫肥城下町保存会としても、県北・県南が連携して県外の皆さんに情報発信出来るよう何らかの方法を考えたいものです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .