FC2ブログ
島津氏当主のご嫡男が飫肥城へ!
 島津氏第32代当主のご嫡男が飫肥城に初めてお見えになりました。
IMG_9389.jpg
 写真中央の島津忠裕氏です。私どもが日頃からお世話になっているJR九州の皆さんとご一緒にお見えになりました。
 IMG_9384_20140221102702aaf.jpg IMG_9386.jpg
 城内では、戦国時代島津氏が最初に築いた飫肥城本丸跡や早咲きの桜をご覧いただきました。
IMG_9394_201402211323028f5.jpg
 その後、飫肥城下町では最も格式の高い「豫章館」へ・・・・・・・・鹿児島の磯庭園とはかなり見劣りしますが、豫章館の庭園をご覧になりながら写真に収まっていただきました。
 
 島津氏と伊東氏は、戦国時代に飫肥城を巡り長期に渡り攻防を繰り広げました。伊東氏は1587年豊臣秀吉による九州進攻時に島津攻略の功により飫肥の地を拝領することになりました。その後280年14代にわたり明治まで飫肥藩伊東氏が続きます。しかし、元はと言えば島津氏が支配した地であります。島津氏17代当主の義弘は幼少の頃忠平と言う名で、飫肥城主豊州島津氏の養子としてこの飫肥の地に在していました。
 その義弘が当主なり、数えて15代後の島津氏32代目現当主が島津修久氏です。そしてそのご嫡男がこの度飫肥城にお見えになった島津忠裕氏なのです。ですから今回の島津忠裕氏が飫肥城に初めて入城されると言うことは、飫肥城の歴史上でも大変記念になる出来事です・・・・・・・時代の流れと平和な時代のお陰でしょうか。
IMG_9393_20140221132518485.jpg
 今飫肥城には鹿児島からも大勢の観光客の皆さんがお見えになります。薩摩藩77万石と比べると飫肥藩5万1千石と小藩ですが、これからも仲良くご厚誼を深めていただきたいと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .