FC2ブログ
 大手門から横の通りは横馬場通りと呼ばれ、江戸時代は上級武士が屋敷を連ねていた通りの堀に植えられている杉。
IMG_8597.jpg
 この杉が隣の民家の屋根をはるかに超える高さに伸びています。
IMG_8600_20140306104033cbe.jpg
 風が強い日は、この杉の枝葉などが屋根に落ちて来て、屋根の掃除や片づけに苦労しているとのこと。
 このため、この施設の所有者である日南市に、除去して欲しいとの相談があったようです。
IMG_0074_201403061053198ab.jpg
 そこで、市の方から私どもの保存会に依頼があり、保存会から経費を捻出することになり、地元業者お願いしたところです。
IMG_0310_20140306111941103.jpg
 大型クレーン車で木を吊るしながら慎重に伐採作業が行われ、ご覧の通りきれいに除去され、見通しが良くなるとともに、空掘りも姿を現しました。
 IMG_0065_201403061137535b5.jpg IMG_0111_20140306113801cc6.jpg
 その伐採された杉の樹齢を数えてみると、約50年です。もちろん、江戸時代には、城内外にこのような杉は植林されていませんでした。
 この杉も戦後間もなくして植林されたものと考えられます。
 私より若くして伐採された杉、無くなると寂しいものです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .