FC2ブログ
人形作品展
 昨日から、小村寿太郎生家で人形展が開催されています。
IMG_4594_20140622100558150.jpg
 小村生家の玄関を上がると、この昔懐かしい想いを感じさせるリアルな人形が、玄関横で迎えてくれました。
 IMG_4591.jpg IMG_4586_20140622100842e4a.jpg
 博多人形といわれるものを中心に、様々な作品が展示されています。
IMG_4583.jpg
 作品展の人形を制作されたのは、伝統工芸士博多人形作家「二代西頭哲三郎さん」です。先代は国の現代名工卓越技能保持者で福岡県の無形文化財保持者として活躍され、天皇陛下への御前制作をはじめ数々のコンクールでも受賞されています。 その二代目として2000年に襲名し、その後の博多人形展などで数多く受賞され、現在福岡を中心に活躍されています。
IMG_4589_2014062210455869c.jpg
 博多人形は、約400年前に藩主黒田長政(黒田官兵衛の嫡男)が、この地に移封されて福岡城を築いたとき、瓦師正木宗七が城の瓦を焼いた余技に残りの土で人形を焼き、献上したのが起りだそうです。
 IMG_4580_20140622105709fd7.jpg IMG_4577.jpg
 明治期に「博多人形」と呼ばれるようになったようですが、福岡市近郊の粘土を原料とした素焼きの人形に、泥絵具などで着色してあり、美人や歌舞伎・能の場面に加え、最近は干支(えと)の人形も多いとのこと。
IMG_4572_20140622105607e0b.jpg
 この人形作品展は、小村生家で今月29日(日)まで開催されます。
 これまでの伝統的な技法に加えた「掛軸」「灯明」「香炉」など約百点が展示され博多人形の世界を楽しむことができます。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .