FC2ブログ
『着物供養』
 去る21日(日)『振徳堂』で、珍しい『着物供養』が行われました。
IMG_0306.jpg

 『振徳堂』玄関入口の階段には、酒谷川に花筏流しに見せた飾りがしてありました。
IMG_0291.jpg
IMG_0301.jpg


 広間の正面には、着物供養の祭壇が作ってありました。
IMG_0308.jpg

 法要の後、桜博士といわれている北郷の黒木さんが桜など植物との関わりなどについて、講演がありました。
-1-1.jpg

 この『着物供養』は、都城市の『(有)砧(きぬたや)の会』の黒木勝彦さんの提唱で行われており、今年で11回目になるそうです。
112.jpg
 十種供養の教えに『衣服供養』ということが書かれているそうです。着物姿で『着物供養』をすることは、タンスに眠っている着物を着る機会であり、虫干しにもなるそうです。
 IMG_0312.jpg IMG_0310.jpg
 『着物供養の日』はもともと明暦3年1月18日から19日の世界3大火事と言われる『振袖火事』が起こりだそうです。着物にとっては受難の日でも、これが新しい文化の芽生えを促すことになって『着物供養』になったとのこと。これが新暦の2月であったので、この月に供養を行うようになったとのことです。
 砧(きぬたや)の会では、小袖幕の着物の鑑賞をしながら、花朝祭を再現した虫干し遊びをされるそうです。黒木さんに聞くと来年第12回目もここの『振徳堂』で着物供養をしたいとのことでした。私たちとしても施設等の有効活用を図る上から協力してまいりたいと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .