FC2ブログ
飫肥城周辺の植物
 『日南市観光ガイドボランティア養成講座』の受講生の皆さんと一緒に、飫肥城周辺に見られる様々な植物についての講義を現場に直接行って、受講させていただきました。なお、講師は植物の生態系に詳しい秋山次徳先生です。
IMG_3917.jpg
 先ず、大手門前からスタートし、横馬場通りで見られる植物の種類や名前を教えていただきました。ここでは『エノキ』と『ムクノキ』の違いや樹木のように大きくなった『オオイタビ』の説明です。
IMG_3924.jpg
 横馬場通りでは、石垣などの間に見られる『カタバミ』などの雑草も説明していただきました。
 IMG_3926.jpg IMG_3928.jpg
 続いて、『旧伊東伝左画衛門家』の庭では、主に『アスナロ』と『ヒノキ』の見分け方や『ソテツ』の雄・雌の違いです。
 IMG_3931.jpg IMG_39341.jpg
 その後『振徳堂』の庭を見てから最後は、『八幡神社』の大クスの木の根元で記念撮影です。
IMG_3940.jpg
 約3時間の野外講義でしたが、受講生の皆さんは秋山先生の説明を聞きながら熱心にメモを録っていました。 
 『日南市観光ガイドボランティア養成講座』は、ようやくスケジュールの半分を過ぎた程度です。これからも飫肥の歴史や文化など様々な講義が予定されています。しっかり講習を受けていただき、全国から観光にお見えになる客様をご案内できる立派なガイドさんになってください! 私たちも応援しています。
  
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .