FC2ブログ
差異が認められない!
 飫肥城観光駐車場に植えてある2本の梅の木です。 よく見るとどちらも白いカビ『地衣類』が寄生繁殖しています。
IMG_43621.jpg
 「このままでは、木の樹勢が衰え枯れてしまうので早く治療したほうがいい。」と植木業者からの助言受け、昨年9月10日に『地衣類治療作業』を行いました。ただし、治療をしたのは向かって右の梅の木です。
 111111222.jpg IMG_435011.jpg
 それから約9カ月が経過した今朝写真を録りました。こちらが治療をした木の幹です。
IMG_43631.jpg
 これは治療をしていない木の幹です。
IMG_43641.jpg
 どうですか? この2本の梅の木治療効果が認められますか? 私が目視した限りでは、芽の吹き具合や葉の付き方など外見には差異が認められません。しかし、治療した木の幹や枝に付着している『地衣類』のほうが弱っているように見えます。色も若干赤みを帯びているようです。
 いずれにしても、現在のところはっきりとした差異は認められません。もうしばらく観察を続ける必要があるようです。
 この記事は、今年2月12日の違いが判りますか?もご覧ください。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .