fc2ブログ
飫肥城の日々
飫肥城下町の魅力を発信
頑張っている町 『八女!』
 福岡県八女市の視察をして来ました。
IMG_2487 (2)
 八女市の中心部にある福島地区は、近世初期に整備された福島城の城下町の構成を残しており、江戸から明治にかけ物産の集散地として栄えた商家町です。
IMG_2475 (2)
 八女市の福島八幡宮近くにあるお蕎麦屋『そば季里「史蔵」』さんで昼食をとりました。
 IMG_2484_20110226142131.jpg IMG_2481_20110226142259.jpg
 この店のご主人は、長野県から奥さんと一緒にUターンして、古民家をリニューアルしてそば屋を開店されたそうです。
 テーブルは造り酒屋の酒樽を利用したものです。出された料理は、昼限定の『きこり善』です。手づくりそばが、最後に出てきました。とっても美味しくいただきました。
 食事の後は、町並み散策です。
IMG_2490_20110226142358.jpg
 八女といえばお茶! 慶応3年創業の老舗茶穂『このみ園』さんです。江戸時代後期の建築で、お店の中の見学もできます。
 この時期は、『八女のぼんぼりまつり』の最中でした。古い街並みでは、あちこちの店頭にお雛様を飾ってあり、目印の桃色の提灯が軒先に提げてあります。
 IMG_2474 (2) IMG_2503_20110226142007.jpg
 店の中には、八女の伝統的な『箱雛』などの古いお雛さま飾りが目を引きます。
 IMG_2488_20110226141949.jpg IMG_2472 (2)
 こちらは、『横町町家交流館』です。
IMG_2506 (2)
 館内には、数えきれないほどの『お内裏さま』が飾ってあり、竹田市から見学に来ていた皆さんもビックリされていました。
 IMG_2508 (2) IMG_2510_convert_20110226220539.jpg
 この交流館の向かいにあるのが、弓道・飾矢・季節ギャラリー『相良矢工房』です。
 IMG_2518 (2) IMG_2520 (2)
 ここでは、弓道の矢を中心に、鷹や鳶などの羽根を用いて素晴らしい矢をつくっておられました。 お聞きすると、飫肥の伝統的な四半的の矢も注文があるとのことで、見せていただきました。
 
IMG_2502.jpg
 八女福島地区は、平成14年5月に国の伝建地区の選定を受け、比較的新しい町づくり事業が展開されています。
 ところで、最近全国の伝建地区内で空家が急速に増加する傾向があります。
 その維持管理、再生・活用などの取り組みを行っている『NPO八女町家再生応援団』の活動内容等、直接見てお聞きすることが、今回の視察の目的です。
 この団体の活動の中心となっているのは、八女市職員です。
 発足の狙いは、①空家の増加に対して先手を打つこと。②その集団が社会的信頼を得ること。③賑わいとコミュニティーの維持をすること。④行政職員の町並み応援団を拡大すること。・・・・です。
 このいずれもをクリアーすることができる人材が、地元と密接な関係のある市職員であること。 そして、この団体が地元住民組織『伝統的町並み協定運営委員会』と連携して、朽ち果てようとしていた八女福島地区の町家を保存・再生・活用する仕組みを作り上げた。・・・・このことが特に注目されます。

 飫肥地区をはじめ我が日南市においても、見習うこと大です。
 さあー、日南市職員の皆さんも一緒に立ち上がっていただきたいものですね~。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .