FC2ブログ
『旧高橋源次郎家』
 飫肥城下町本町商人通りにある『旧高橋源次郎家』が特別公開されました。
IMG_0172 (2)
 公開に先立って、このためにお帰りいただいた高橋源次郎の孫である堀江泰子さん親子と市長ながテープカットです。
IMG_0378 (2)
 オープニングセレモニーには高橋家に所縁のある皆さんや市民、観光客などが大勢参加されました。
 IMG_0389 (2) IMG_0390.jpg
 敷地の中では『なつかしの飫肥写真展』もあり、高橋源次郎氏や小村寿太郎侯などなどをはじめ昔の飫肥の町の生活風景などが写真パネルで紹介されていました。
IMG_0431_20110326180403.jpg
 また敷地内の広場では、泰平踊も特別公演があり、高橋氏と関係の深い本町保存会の力強い踊が披露されました。
IMG_0403.jpg

 主屋に入ると屋敷の造りや各部屋の数々の装飾物などがそのまま残され、昔の暮らしぶりをうかがい知ることができます。 
 IMG_0414.jpg IMG_0409_20110326181021.jpg
 元の玄関は、通りに面した場所にあったようですが、そこから入った板戸には大正から昭和にかけて活躍した画家「江夏英璋」の鶴が描かれています。 
 IMG_0411.jpg IMG_0412.jpg
 また別な部屋には様々な日本画の襖や掛軸等が飾られています。
 IMG_0415_20110326180824.jpg IMG_0413.jpg
 お風呂は、当時では珍しいタイル張りで天井も檜の豪華な造りです。
 IMG_0309_20110326181124.jpg
 この特別公開の前日には、『高橋源次郎』に所縁の皆さんが、高橋家の倉庫に保管されていた立派な屏風を見るため、小村記念館にお見えになりました。

IMG_2599 (3)
 ところで『旧高橋源次郎家』は、日南市に寄贈され平成22年9月10日に主屋や蔵などの建造物5件が国登録文化財に登録されています。主屋は明治の中ごろの建築で大正4年に修理されているとのこと。
 また『高橋源次郎』は1866年に生まれ県議会議員や貴族院議員となり、県内財界の重鎮として国政や郷土のために多大な貢献されています。 また桜で有名な飫肥の名園『竹香園』は、別邸庭園としていたものを、氏が市に寄贈されたものです。
 特別公開は今月末までで、4月1日からは飫肥地区の他の由緒施設同様に有料施設として、(財)飫肥城下町保存会が管理運営することになります。 
 お見えになるお客さんが、この素晴らしい建造物を安心してご覧いただけるようにしっかり管理しなければと考えています。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .