FC2ブログ
宮崎のバス
 宮崎では歴史ある最大の某バス会社。そのバスの最新のボディ―デザインです。
IMG_6504_20110827141922.jpg
 こちらは、宮崎が新婚旅行で賑わった頃の年配者には懐かしボディカラ―です。
IMG_5706.jpg
 そして一昨年10月からJR日南線「海幸・山幸」と連動して走っている『日南号』。
IMG_6302.jpg
 更に今年4月から飫肥駅から南郷まで運航している『日南(ひな)めぐり号』です。
 IMG_5968.jpg
 この『日南(ひな)めぐり号』も「海幸・山幸号』と連動して、必ず飫肥観光駐車場に停まります。
 ボディーには日南市内の観光施設がデザイン化されていて、走るパンフレットのようです。
 IMG_4978_20110827142006.jpg IMG_5524.jpg
 しかし、『日南(ひな)めぐり号』は、市内だけしか運行されていません。ところが熊本の某観光バスのボディには熊本城が大きく描かれています。
 IMG_3734_1.jpg
 もちろんこのバスは、熊本市内だけでなく全国各地に観光客を乗せて走っているそうです。
 大変な宣伝効果があるようです。熊本城の入城者は年間200万人以上で全国一を誇っています。飫肥城の?十倍です。
 熊本城や周辺では、次から次へと新しい施設を整え、しっかり管理されていて羨ましい限りです。
 それでも飫肥城下町にお見えになる皆さんは、「熊本城の規模は大きくて立派だが、町並みの風情は、昔の佇まいがそっくり残っている飫肥の城下町がいいですね。でもこんないいところなのにあまり知られていないが、PRが足りないんじゃないの~」と褒めとていただく同時に問題提起もしていただきます。半分は冗談と分かっていても嬉しいものです。私どもももっと積極的な宣伝活動をしなければなりません。
 ところで、宮崎の観光バスも県外で宮崎をPRするようなボディ―デザインにするなど工夫が欲しいですね。もちろん県や市町村の協力も必要だと思いますが、河野知事さん、「どんげかしましょう!」
 
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .