FC2ブログ
御茶でおもてなし!
 今月3日の文化の日、飫肥の由緒施設では三会場で呈茶のサービスが行われました。
 IMG_0783_20111112151905.jpg IMG_0744.jpg
 三会場は「豫章館」、「小村記念館」、「旧山本猪平家」です。
 IMG_0771.jpg IMG_0772.jpg
 茶室の間には、それぞれ先生の想いの掛軸と花が飾ってあります。
 IMG_0721.jpg IMG_0742_20111112153316.jpg
 先ず和菓子を頂いた後、お茶を頂きます。
 IMG_0719_20111112161237.jpg IMG_0722_20111112154923.jpg
 和菓子も会場で異なります。
 IMG_0743_20111112161743.jpg IMG_0720_20111112161734.jpg
 その後頂くお茶(抹茶)の味等も微妙に異なるようです。
IMG_0740_20111112162038.jpg IMG_0724.jpg
 こちらは、表千家流「千寿会」の梅田先生他の皆さんです。当初は「豫章館」で野点を予定されていたのですが、天候が心配され、「旧山本家」でおもてなしをして頂きました。
IMG_0746.jpg
 そして、「豫章館御数寄屋」の草石流煎茶「松野社中」の皆さん。 
IMG_0788_20111112165747.jpg
 そして最後は、「小村記念会」で抹茶サービスをして頂いた表千家流「若葉会」の西田先生他の皆さんです。
IMG_0730_20111112165737.jpg
 
 ところで、ものの本によると日本茶で、お客様にお出しするものとして一般的なのは煎茶、あるいは玉露だそうでです。煎茶や玉露は繊細なお茶で、色、香り、味を楽しむものであり、和菓子にもよく合います。一方、食事の際には、料理の味に影響を及ぼさないという点からも、ほうじ茶が適しているようです。
 また、抹茶は、霜よけを兼ねた覆いをして、直射日光を避るようにした茶畑で育てた新芽を蒸して、乾燥させたものを石臼で挽き粉にしたものだそうです。抹茶を茶筅で撹拌する際に、たっぷりと泡を立てるのが裏千家、うっすらと泡立てるのが表千家、もっとも泡が少ないのが武者小路千家だそうですよ。
IMG_0774.jpg
 茶道では「一期一会」という言葉がありますが、「人との出会いを一生に一度のものと思い、相手に対し最善を尽くす」という意味の言葉です。このように茶道では「お客様を大事におもてなしする」というこれら精神を、私たちも見習わなければいけません。
 それぞれの皆様方には、心のこもる呈茶のサービスを頂きましてありがとうございました。



また、豫章館の広間では、琴伝流、大正琴、尺八などの演奏が行われました。
IMG_0781.jpg
 演奏は、佐伯先生を中心とした皆さんが、なじみの曲を披露され、観光客の皆さんが流れる曲に、聞き入っていました。
 IMG_0785.jpg IMG_0760.jpg  
 日南市総合文化祭は、日南文化センターで演技発表が行われた他、南郷ハートフルセンターや北郷農村改善センターなど市内七会場で作品展や呈茶のサービスなどが行われました。
 飫肥は、風情のある城下町です。大正琴や尺八の音が流れてくる中で、着物を着た皆さんが呈茶サービスをされていました

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
茶道は世界中のかたから喜ばれます。
素敵です。
2011/11/12(土) 18:16 | URL | あかちん #-[編集]
Re: タイトルなし
あかちん さん

こんばんは!
そうですね、茶道は海外にも認められている日本の伝統文化です。
詳しいことは解りませんが、お茶のおもてなしには心が安らぐようです。
時々は、たしなみたいものですね。
2011/11/12(土) 23:09 | URL | 飫肥城 館長 #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .