FC2ブログ
 1911年小村寿太郎侯が死去して100年目の11月26日、南郷ハートフルセンターで記念式典が開催されました。
 IMG_2119_20111128094343.jpg
 記念式典前のオープニングは、「寿太郎侯顕彰歌」が細田中学校区の小中学生と市内コーラスグループ(シーダ―コーラス)の皆さんによる大合唱です。
IMG_2089_20111128094330.jpg
 この顕彰歌は、小村寿太郎侯を偲んで、細田中学校の生徒や先生方によって平成17年に作詞作曲されたものです。 曲名は、寿太郎侯が幼年期より「誠」の精神を重んじて貫き通した『「誠」の道』です。

 続いてのアトラクションは、飫肥小学校と吾田東小学校のこども達による泰平踊の披露です。
IMG_2097_20111128112418.jpg
 次に小村寿太郎国際塾生の英語による演劇発表。
IMG_2104.jpg
 この英語劇は、外務大臣となってポーツマスで寿太郎侯が悩んでいる時、現在の日本にタイムスリップし、興味を持った国際塾生と一緒にハローウィンや東京研修に参加し、再びポ―ツマスに戻り条約締結に努力すると言うストーリーです。

 この後に記念式典が開催され、市長挨拶と来賓祝辞に続いて「イメージシ―ル(1名)」・「作文(2名)」・「絵画(2名)」の優秀作品表彰が行われました。
IMG_2123_20111128113428.jpg
 玄関ロビー付近では、これらの作品展示も行われていました。
 IMG_2137_20111128113522.jpg IMG_2136_20111128113538.jpg

 続いて「振徳教育の推進」というテーマで、教育長による教育方針の説明があり、本年を「振徳教育」のスタートの年とし、「誠の心」を後世に伝え「人づくりはまちづくり・まちづくりは人づくり」を合言葉に地域ぐるみで取り組んで行くことになりました。
 IMG_2143.jpg IMG_2151.jpg
 そして小村寿太郎侯の命日である11月26日を「振徳教育の日in日南」として制定することになりました。
 
 基調講演は、ル― 大柴さんを講師に招いて「ドリームをあきらめない」という演題でです。  
IMG_2160_20111128120132.jpg
 ル― 大柴さんは、ル―語と言われる英単語を交えた独特のトークで、観客を沸かせていました。
       ・IMG_2177_20111128120145.jpg
 講演内容は、自叙伝的なものでこれまでの苦労話や様々な経験などとともに、出番の少なくなった最近でも「茶道」をはじめ様々なことにも挑戦し、努力している。「夢を諦めたらいけない」・・・・・と会場の皆さんとやり取りをしながらユーモア溢れる講演をしていただきました。

 そして式典の最後は、没後100年を記念して制作された「寿太郎侯音頭」の披露で締めくられました。
IMG_2191_20111128123313.jpg

 こうして記念式典は終了しました。
 彼の功績としてポーツマス条約があげられますが、他にも外務大臣になってすぐに手がけた「日英同盟の締結」、そして亡くなる年に成しえた不平等条約の改正つまり「関税自主権の回復」など歴史に残る大仕事もあります。
 小村記念館には、このような寿太郎侯の功績に関係する資料等が、数多く展示してあり、毎日多くの入館者がお見えになります。しかし小村侯のことを知っている方は、そう多くありません。 そこで、彼の横顔やエピソードなどちょっと説明することによって非常に感心を持たれ、改めてその功績に驚かれます。そして「このような政治家が今の時代に必要だ」と口々に言われます。
 この偉大な明治の外交官が飫肥の出身であることに誇りに思うとともに、まだまだ日本の国民には十分に知られていないことに無念さを感じます。
 これからも我々保存会職員は、一人でも多くの観光客の皆さんに、寿太郎侯の素晴らしさを伝えて参りたいと考えます。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .