FC2ブログ
京都散策!
 宿泊した大阪府森林組合の「高槻森林観光センター」、外は一面真っ白な雪。宮崎では中々見れない光景です。
 IMG_5007_20120206173649.jpg IMG_5000.jpg
 この日は、京都の町を巡る旅です。
 やってきたのは、東映太秦映画村。 門構えはどちらも同じようですが、右の写真の門は二条城です。映画村の正門と二条城の東大手門は、全く同じ門に見えます。
 IMG_5011.jpg IMG_5079_20120206183847.jpg
 それもそのはず、「東映城大手門」は、二条城大手門をモデルに設計された、映画村の看板施設ですが、撮影時は立派なオープンセットになるようです。
 映画村内では、丁度時代劇『濃姫』の撮影中で、立ち入り禁止になっている通りがあり、スタッフに「何の撮影か?」聞くと時代劇『濃姫』とのこと。
 IMG_5029.jpg IMG_5027.jpg
 濃姫は、美濃(岐阜地方)の戦国大名「斎藤道三」の娘で後に織田信長の正室になった人物です。
 「芝居小屋中村座」に入ると「ガマの油売り」の手品(?)の最中で、小学生たちが不思議そうに見ていました。
 次に後行ったのが、徳川家康が将軍上洛の際の宿泊所として西日本の諸大名に築城を貸して築いた「二条城」、しかし二の丸御殿内の撮影はできません。
 IMG_5083.jpg IMG_5099_20120206184228.jpg
 ここで注意したのは、庭に張り出した二ノ丸御殿の外縁です。その厚さからは、何百年もの年を重ねた歴史を感じ取ることができます。またこの外縁から続く「キュッキュッ」と音がする「鴬張り」廊下は知ってのとおりです。
 続いて訪れたのが、京都観光の定番「平安神宮」。
IMG_5120_20120206183640.jpg
 応天門を潜ると、大勢の人が集まって何かの式典が行われている様子。
 IMG_5129.jpg IMG_5137_20120206183719.jpg
 どうも節分行事「大儺之儀(だいなのぎ)」のようです。面(鬼ではないようです)を付けた人物を先頭に、何やら大声をあげて練り歩きはじめ、応天門の入口で外に向かって鬼祓いをしているようです。面をよく見ると目玉が左右2個づつあります。
 IMG_5148.jpg IMG_5158_20120206183746.jpg
 説明書によると、平安神宮の節分行事「大儺之儀(だいなのぎ)」は、古くは「追儺(ついな)」あるいは「鬼やらい」と言われ、平安朝の頃より朝廷の祓の行事として、旧暦正月の前日(現在の立春の前日)、節分の日に行われていたものだそうです。 平安神宮での行事は昭和49年に復元され、現在では平安朝当時の「追儺式」が式次第、作法、祭具、衣裳にいたるまで綿密に再現されているとのこと。 この日は終日、古式のままに行う大儺之儀をはじめ、年の節目にふさわしい祓いの行事が繰り広げられたようです。
 次に向かったのは、銀閣寺です。
  
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .